2014年07月10日

Chic City Disco Music All Night Long

いよいよ、ワンマンツアーが始まるそうで。。。楽しみだ、あの新曲達がどのような仕上がりになるのか楽しみで仕方無い。
 
NHKのラジオも聴かず、楽しみに待っている。やってくるときを待ち焦がれている。
 
木幡3が雑誌で言ってました「今までのアルバムがどうでも良くなった」   たしかに。今までとは詰めの強さが違う、雑念捨ててやりきっている。
 
 
それだからこそ、新曲の仕上がり具合と同様にどう考えてもアンマッチな従来の楽曲たちがどのようにセットリストに組み入れられのか楽しみで仕方ない!
 
 
最後にずっと考えている、オリコン50位にも入らないなんて信じられない 馬鹿。
 
 
 
 
posted by ヌメンチョ3 at 20:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

東京、讃えろ東京、何度も讃えろ東京

「どうかしてたんだ 似合わないシャツを着てた」

真意はわかりませんが、私はこの一節が好きでね。なんか思い出しちゃうんですよね2011年のROCKS TOKYOを。。。。私はね、信じてますよ似合わないシャツなんて着なくたって、良いものは売れる時代が来ていることを。

もう皆3ありがたく聴いたと思いますUnknown Tokyo Bluesを、、もぅもうもうもう最高ですよね!!!!堪らなくないですか。
「歌うぜ東京 去ったあの歌を 歌うぜ なんども歌うぜ」と、いうことでまぁ笑っちゃうくらいにサンプリングがそこかしこに入っていますよね。聴いた話によるとあまりに明らさまで却下になったのもあるとかないとかで・・・・。
ついついそんなスタイルに注目しがちですが、そんなの今作に始まった話ではないわけで、、もうずっと、だって04年から歌ってるわけでキーワードは「超現世的で来世的」で、ずっとずっとそのサンプリングスポーツでやり続けて来ていることは全く変わらないんです。ただ大きく何かが変わったのは前作のPearl Poolで、、誰も挑戦しなかったプラスアルファの領域に踏み入れられた感がしたんですね。

タロサイが以前にこんなツイートしてましたね“今日とある新曲のミックスしたのだが・・これはスゴいものが出来たかもしれん・・・これはいまだかつて誰も作った事の無い曲だ!と大まじめに言える”今作は全曲、そのスゴい曲なんだと私は思っています。

SoldiersでBulls On Paradeのリフから本編への戻り方、その後の展開を聴いた瞬間、音楽の歴史が変わると思いました。ましてやBulls On ParadeのリフをBASSでやっているというアホらしさ。最高だろ、東京、avengers in sci-fiを讃えろ東京、何度も讃えろ東京。

別にサンプリング元が分からなくたって問題ない、実際今まで彼らの発想を皆ほとんど気づかずにやり過ごされてきた、キーワードは、もう10年経っても「超現世的で来世的」だ。それさえ感じれれば面白味がわかるでしょう。

20xxまで旅は続いている、こうなったらSoldiersとしてジャパニーズファッキンミュージックビジネスと戦い続けて欲しいわ。avengers in sci-fiが売れない時代なんて、avengers in sci-fiを売らせることができないチームなんてNo Futureだぜ。



posted by ヌメンチョ3 at 22:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

夢の対決

W杯も開幕し、ミーハーな私はまた五輪以来の寝不足の日々が続きそうです。今大会は特に予選リーグから夢の対決が多い気がしますが、またベスト16あたりでも夢の対決続出になる気がしています。#アベンズファンのミーハーW杯予想会 twitterにてまだまだ募集中だぜ!!
 
 
さてavengers in sci-fiの新アルバムUnknown Tokyo Bluesの発売はそんなW杯の真っ只中の6.18(水)でございます。絶対に負けられない戦い、同日発売のライバルたちを先ほどチェックしましたが、、まぁ小粒はさておいてやはり極私的に一番意識するのはNUMBER GIRLのリマスター盤の発売でございます。。
懐かしい思い出ですがNUMBER GIRLのライブ参戦後に会場外でタロ3とナミ3とavengers in sci-fi(改名前のATOM HEART MOTHERでしたが)のカセットテープを配ったりしてですね。ハッキリ言って全く意味ないんですけどね、昔からプロモーション的に関しては非効率的なんですよ。。。。
 
CD発売前に深夜のLOFT BAR STAGEでライブってある意味、地味ですよ、でもねそれがavengers in sci-fiなんです、だって最高でしょきっと、ど平日でしたけど深夜の異空間であんな至近距離で長時間のライブを見れるなんて、無料でですね、この還元の仕方の不器用ながら有難味がavengers in sci-fiの真骨頂なんだなと思いますね。ねぇ、これよくない?よくないこれ?よくなくなくなくなくSAY YAH!ですよ、ブギーバックですよ Tokyo All Night Longですよ。
 
 
さてNUMBER GIRL 特に私にとってみてはNUM-HEAVYMETALLICは正にTokyo Bluesだったのかも知れません。。。。学生時代にあのアルバムを小田急線で聴いた時にガッツーーンと背筋に走った得体の知れない熱み、それを遙に超える衝撃がavengers in sci-fiのTokyo Bluesに入っています。 もう、わかってらっしゃると思いますが、6.18 avegers in sci-fiの“突き抜けた感”を味わってください。
 
 
 
 
 
 
 
posted by ヌメンチョ3 at 22:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

Unknown TOKIO Blues

ついに待望のavengers in sci-fiの新作アルバムUnknown Tokyo Bluesのリリースが発表されましたね!!まぁなんとまぁタイトルの格好良さね、ビタ1mmも外さない発想力の良さ、痺れるね、さすがだよなぁ。
東京ブルースなんて石原裕次郎クラスですから。

タロサイが以前にこんなツイートしてましたね“今日とある新曲のミックスしたのだが・・これはスゴいものが出来たかもしれん・・・これはいまだかつて誰も作った事の無い曲だ!と大まじめに言える”
そしてYOUTUBEにUPされたレコーディング風景には稲見3のとびっきりの笑顔が良〜い感じの雰囲気が映っていましたね
っっね。そういうことですよ。今作、唯一無二のアプローチだし、もうねやりたい放題(笑)2年寝かした今までとは次元が違う出来、最高の傑作ですね、最高すぎて涙が出るわ

旅は終わったのだと僕等だけが知らない  なんて 歌ってたけど  冗談だろ まだまだ旅は続いている。 

posted by ヌメンチョ3 at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

24

おぼかっちゃんの会見を見ましたが、言葉の選び方とか間合いとか表情とか、巧いなすごいな大切だなと思いました。ただの目立ちたがり屋じゃなくて器のある人なんですね。STAP細胞はよくわかりませんが多分、怪しいなぁと思うんですが、この会見で一区切りできっと次第に忘れさせられるんでしょうね。

何となく今年の24時間テレビの構成が見えてきました。。チャリティーランナーは新垣氏ですね、禊RUN。応援人として、やはり佐村河内氏、新垣氏抜きでキャンドルじゅん氏プロデュースのろうそく部屋で頭を壁にガンガンぶつけて24時間で作曲挑戦、佐村河内のひとりでできるもん。並行して小保方氏の24時間でSTAP細胞作製チャレンジ、割烹着で時々もこみちの料理も手伝う。

フィナーレの視聴率は50%超え間違い無い。


posted by ヌメンチョ3 at 22:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月01日

笑ってる場合じゃない

昨日の笑っていいとも!!昼の会も夜の会も、豪華でしたね。最高でした。
正直10年以上、いいとも放送を最初から最後までちゃんと見た記憶は無く、終わるのが寂しいとは全く思いませんでしたが、、タモさん、もし終わって余裕があるなら、タモリのジャングルTV復活させて欲しいなぁ。熱烈に。。。

夜の会のフリートークで超大御所芸人の皆3が同じ舞台に夢の競演を果たしたわけで、これは鳥肌もんでした。もっと浜ちゃんが仕切るのかと思ったのですが一番綺麗に回ると思ったのですが、対とんねるず 対爆笑問題は感覚的に合わないんでしょう、中居君に任せて避けてましたね。さんちゃんにあの感じでああいうツッコミできるのは浜ちゃんだけですね、感動でした。ナイナイは、なーーんにも残せませんでした。オールナイトでの反省会に期待です。大好きですが正直言うと、爆笑さんとナイナイにはあの場に出てきて欲しくなかったかなぁ、なんて贅沢なことも言いたくなりますが、あのメンバー最初で最後の夢の共演でしょうね。
blurとoasisが共演するみたいなそんな感覚でした。ねぇ。



いくらでも語りたいですが、そんな話はおいといて、、、
笑ってる場合じゃない!!のは さて、avengersin sci-fiですよ。発表されましたね7月の東名阪ツアー、東京は前回のコラムで触れましたChic Cityこと六本木EXシアターでのLIVEですね。楽しみ!!そしてレコーディングされている作品。昨年ベストアルバムなんて出しているからには世間からは、まだやれんのかまだやってんのかアベンズみたいな目があるでしょう!!ねじ伏せるだけの作品とライブを期待しています。激動の2014年に大期待大だ。私が予想するにテーマはChicでしょう。タワレコも、今や、踊るロックではなく踊るソウルの時代ですからね(笑)歌は世に連れ 世は歌に連れ アベンズも世に連れるバンドです。


posted by ヌメンチョ3 at 21:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

ギロッポンの夜

物騒な奇妙なニュースが多いですね。当人が憧れてるんだか何だか知らないけど、それで近づいているというよりは、時代自体の基盤がフィクションに近づいている気がします。


っと話は置いておいて、、

先日、EX シアター ギロッポンにFOALSを観に行ってきたんですが、単独来日公演に行くのは2・3年前のMUTEMATH以来なので比較するにはそれしかありませんが、音源よりも遙かに上回るという意味ではFOALSの方が圧巻に素晴らしかった。何か何年かずっと前の下北沢ERAでライブやってた人たちはきっとこういうラインになるのを意識してやってたと思って、、あいまいな言葉で サイケデリックとかカオスティックとかアヴァンギャルドとかグルーヴ感溢れるとか、そういう抽象的な要素を全て兼ね備えててそういうのが好きなもんでFOALS凄くグッと来たなぁ熱くなった。


有休頂いて、ギロッポンなんてライブでもなきゃ絶対行かない街ですけど、ライブ前に美味い店で酒飲んで街並みをブラブラしてこんなとこゼッテー勤めたくないわぁ,疲れそうだわぁなんて思いながら高層ビル街をプラプラしてね、何より楽しいですよねこういうのは。そんなことはどうでも良くて、何より驚いたのはチケットがソールドアウトしてなくてライブハウスにはほとんど30〜40代世代ばかりで、タオル掲げる奴も振る奴も、仲良く踊る奴もいなくてそれはそれで心地良いんですが、大学生くらいの人がいないのは何と言うか乱立しまくるフェス・イベントのせいでお金を取られてしまってるのか、興味が無いのか知りませんが、寂しいなぁと思いました。

また別で楽しみしていたのが、タモリ倶楽部での紹介を見て期待していたEXシアターですよ!!音響も照明も凄く良くて2階席でも良い重低音で、くまなく全箇所回りましたがステージが高くて見やすいし素晴らしく良かった。ただ1っ点、ドリンクバーの込み具合はクソだった、そこだけはまだまだ改善の余地あり。 

ぜひavengers in sci-fiをEXシアターで観たい!!!!ちなみに向かいには(THE DARKSIDE OF) SCIENCE ACTION をやった六本木スーパーデラックスがあるのだよ。感慨深いじゃないか、ぜひ出世街道を観たいぞ。

avengers in sci-fiの新しいの、良い引き出しを開けていると心底思う、、どうなるのか知らないがとにかくワクワク楽しみでしかたない。



posted by ヌメンチョ3 at 23:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

サムラコーチ

アベンズの皆3人、万感合宿を経て絶賛レコーディング中だそうだ。 順調?・・だそうで、1っ曲ちょっと聴かせて頂いたが素晴らしすぎるの一言に尽き 第3章avengers in sci-fi 物凄い破壊力がありそうです。馬の曲も更なるバージョンアップ中だとかないとか・・・。またカナダ?に合宿に行くとかないとか

五輪が終わってしまって非常に寂しいわけで、早々に寝て、夜中に起きて、早朝方に寝て、起きて出社という五輪スパイラル変拍子でまんまと親知らずが痛むというアクシデントに出くわしてしまったが、、、ほぼメダル獲得の瞬間や名場面を見れたわけでね、朝ね改めて見るわけですよニュースで報道するハイライト動画を・・・編集で、ぜっんぜっん伝わらないんですよディテールが風の雪のコンディションとか流れとか緊張感とかハイライトじゃ、ぜっんぜっん伝わらないわけで極力物事は、より現地でより生で体感することが何より楽しいと良い刺激だとつくづく思いました。

上村さんは銅メダル取った!とあの瞬間思いましたが、採点競技は、まぁしょうがないですよね。。そんなこと言うなら過剰な自己演出で稼ぐあのバンドよりあのサムラコーチよりもavengers in sci-fiがこんだけ妥当な評価を得てない世の中の方がよっぽど世知辛いと思うわけです。

アベンズにゴーストライターがいるわけないですが、色んな音楽を吸収して噛み砕いて排出するというサンプリングスタイルは1stミニアルバムから変わらず築き上げた彼らの真骨頂でして、その辺のおもしろみがもっと審査員の皆3に評価されれば良いなぁと思う今日このごろ。


posted by ヌメンチョ3 at 22:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

同情するならMr.オクレ

こんばんわ、芦田まなだよ。

モノマネでスタートしましたが、最近ねぇ、、盛り上がってますねぇ。

そういえば麻生総理が漢字の読み方を間違えちゃって盛り上がったあたりから急速に、供給する側もそうだが同時に物事を受けとる側の人の「器」の品質と容量が悪化し始めた気がする。。物事の重みを計るにはそれ相応の器が必要になると思うのだが、インターネットうねりによってか・・この器がぶっ壊れてて笑いを不謹慎に変え、誰にもある少々な失敗や失言でも大炎上に繋がってしまうことも今や少なくは無い。内容も熟考せずに面白半分で絡む輩大多数か本当にそうなのかそうだな。

流される流されないうんぬんかんぬん、どうでも良いが、大きすぎず小さすぎず質の良い「器」を持ちたいなと思いますね。

受け側を恐れる供給者側はなるべく当たり障りの無いように、TVであればくそつまんないクイズ番組や2番煎じの町ぶらぶら番組を垂れ流し、音楽もみな当たり障り無く、、このままどこへ向かうんでしょうか。こういうウップンを晴らす素晴らしいガツンとくるレベル・ミュージックを聴きたいサイファイ。



posted by ヌメンチョ3 at 20:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

午年 sci-fi

サブちゃん、紅白引退ですって。。2代目 三郎ソウルブラザーはジョージ山本でもなく歌手の小金沢くんでもavengers in sci-fiですね。祭りを継ぐのはyang2ですよね。映像を見比べ確信します

新年 あけまして おめでとうございます


暦のおかげでロングで楽しい正月休みもあっという間に間に終わってしまいましたが、、、特に同窓な新年会でタロ3,稲見3と3・4年ぶりくらいに一緒に同宴で飲んだわけで楽しく今年は良い年になる予感がするなぁ。avengers in sci-fiパーフェクトイヤーになるんじゃないかと勝手胸ふくらましただひたすら待つのみです。

旧年中はアベンズにとってほぼ完全にブランクな、いわゆる一つの空白の1年で、極私的には大賛成の空白の1年の意味が本当にあったのか年末まで不安でしたが、カウントダウンジャペンのライブを見て新曲を聴いて、巨人菅野選手が1年の浪人生活で成熟したように、彼ら自身ののavengers in sci-fiに対しての客観視からの視野の拡がりを、新たなるスタートを痛烈に感じました。更にもう一年くらい寝かしても良いような気はしますがそんなことよりビジネスだ。。
売り方に納得いきませんで今となっては昨年の例のベストアルバムの発売に意味があったのかは未だ消化できませんが、あと2・3年すれば理解できるような気はします。

ということで2014年の最大のトピックスは 消費税増税?ばか言え 五輪にW杯?とんでもない アベンズの動向に決まってるわけです。

っというわけで来年に答え合わせをするとして今年のavengers in sci-fiの活動を勝手気ままに予想しちゃいたいと思います。

・稲見喜彦、携帯壊れる 夏頃
・木幡太郎、フレッシュネスバーガーにハマる
・長谷川正法、シーコーがタイイー
・何か作品をリリースする
・何か曲が超大型タイアップゲット
・スマパンと米国ツアー
・Daft Punk来日してその前座
・能年ちゃんをプロデュース
・長谷川パラダイスに改名
・長谷川8%に改名
・稲見喜彦、今年も暴走族と先生のラーツイがうざくて寝れない
・avengers in sci-fi、FUJIROCK FESTIVAL'14に出演

っまこんな感じですかね、ほぼ当たるでしょ グフフ 



posted by ヌメンチョ3 at 22:04| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする