2015年07月04日

ヨシヒコ メイクス レボリューション

高い金払って来てるんだから、アンコールくらいやれよコノヤローという気持ちはよくわかる。。

そもそもだ、仕組みが全くわかんないがライブ代は高すぎないか?あんだけ苦難して作るCDが3,000円なんだから、、せめてライブは2,500円で収めて欲しいという感覚がある。Tシャツも2,500円だろうな。。

今のアベンジャーくらいの規模なら来場者にラジオ体操的スタンプポイント制も良いだろう。宮下3を見つけてスタンプカードに日付スタンプを押してもらうわけ、、
・5ポイント  稲見3に「お前また来てんのかよ、もう二度と来んなよコノヤロー」と言われて からの「嘘だよ」のハグ
・10ポイント 長谷川先生がなんでも教えてくれる
・20ポイント ライブ前にタロ3と公園でサンドウィッチを一緒に食べる
・40ポイント ライブ1回無料
まぁ、どうでもいいんだけど、、アレンジとかメドレーとか上手く使えば巷のライブってもっと工夫できる気がしますね。

んで、アンコールっていうのは、サービスというよりは、セットリスト上どうにも本編には組み込めなかったけど、どうしてもこの曲は聞いて帰ってほしい という精神だ。アンコールをやらない=本編に全てを組み込めている という素晴らしいことじゃないか。だから、「これ、今日はアンコール無いな」って感じるときもある。







posted by ヌメンチョ3 at 21:53| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

サムシングエルス

Mステに出演するのも、武道館でライブやるのも、開拓者のおかげで あたかも格好良いことになった時期もたしかにあったと思うんだけども、、基本的に今やったらダサいんですよね。

今じゃダサいからね、もう解散だし人生のネタにするのにお笑い的に自覚してMステ出るのも武道館でやるのも素敵だと思うんだけども、、
もうゴールテープを何人かが切っているのに、今の売れ線が、ばかみたいにステータスとして夢でしたみたいな体で出るのは完全にラインを間違えててダサいっていう風になってきているのに気付いとかないとですね。

ある人達がアンダーグランド音楽が表舞台で当たり前に活躍できるように活路を見出し恥を知った上で開拓していったのは確かなんですが、、私は今 思うのは、やっぱ電波少年の企画でサムシングエルスさんとかが目指すのが武道館なんですよ。
君たちが目指すのはそこじゃないんだと、そのバランスはやっぱ崩しちゃいけないと思うんです。

じゃあ何をどこを目指すかなんですが、、う〜ん目指すべき場所が無いですね、 そういう意味ではフジロックだって最近『怪しい』(笑)ですからね。目指すべき場所が無いからTVやら、ホール級のライブやらフェスやらじゃなくて、音楽を最大限に輝かせる場所を自分たちで作るしかないんじゃないかと。

avengers in sci-fi  “Unknown Tokyo” 09.04新宿LOFT    やっぱねここですよココ。
せめて武道館でやるよりは国技館の方が素敵だなと思います。





posted by ヌメンチョ3 at 22:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

人造人間イナミくん

人造人間:イナミくん
教授:長谷川先生
天才6歳児役:たろちゃん

Eテレの新番組にしたいですね。「人造人間イナミくん」 
天才たろちゃんの質問に、おバカ教授 長谷川先生は、人造人間イナミくんを使って熱湯あり、爆破ありで体当たりで答える番組ですね。人造人間だから何があっても表情一つ変えずにトライするイナミくん。。。

そんな話はさておき、
最近私ね、子供が少し大きくなり、よく見てるんですよねEテレ。。よく見てるとすごくシュールな雰囲気があるんですねEテレって。不思議と、どんな番組やってようとEテレにチャンネル変わると質感で分かるらしく黙って見るんだよね子供は、摩訶不思議。


そんなEテレですが、、実はコーネリアスあり、石野卓球あり、DJみそしるとMCごはんありで魅力的な作曲曲がテーマになっていたり音楽的にも非常に聴き応えありありでね。。。こういう子供向けソングも作れるんだという作曲家の懐の深さ感を存分に感嘆するわけです。

だからアベサイにもぜひ、Eテレソングを作ってもらいたいなぁと思います。。昔の勢いある繰り返しを生業としていた感じに今のどしっとした深みを合わせれば素晴らしい子供向けソングができるんじゃないかなぁと。
うちの娘のためだけでもいいから作ってくんないかな、1曲(笑)





posted by ヌメンチョ3 at 22:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

歌舞伎町ブルース

こないだアメトークで独身こじらせ芸人ってのやってて、千原Jr氏とかサバンナ高橋氏の後輩芸人との話を聞いてて、「海外の旅番組を見てると真っ先に後輩芸人と一緒に行ったら楽しいだろうなぁ」と思い浮かべてしまうというエピソードね。。
avengers in sci-fiの稲見3の場合、後輩芸人=岡ちゃんで、、岡ちゃんのせいで独身こじらせんるんじゃないかと 番組を見ていてすっごい不安になりましたとさ・・・。

さて、、いまさら感ですが、アベンズ企画 アンノウントーキョーをプレイバック


ひっさびさの新宿歌舞伎町、、、JR新宿駅の東口を出たらイアイア そこは私の庭 大遊戯場歌舞伎町♪ 曲が頭を無限ループしながら歌舞伎町は東口 東口が歌舞伎町と呟きながら 新宿駅ダンジョンを颯爽と抜け、コマ劇場の跡の変わりようにおのののき、むかしの勘を頼りに新宿ロフトゥに着きました。フライデナイの地下の集会な感じ、良いね〜。タロ3的に言えば、ここ来る人『良いセンス』しているね。

アニマルコレ、じゃないヤセイコレクティブさんから見ましたが、後半すっごく良かったですね、、良ーい具合にもってかれました。。稲見3の隣で見ていましたが、「格好良いっしょ」のセクシーな一言を頂きました、お気に入りのようでした。

avengers in sci-fi
20xx→Riders In The Rain→Superstar→Yang 2  Tokyo Techtonix  And Beyond The Infinite→Nayutanized→Citizen Song→Symphony of the end

20xx 危険な絶妙のバランスで成り立ってる。Riders めっちゃfunkだった 稲見3が最後ワウを踏みながら弾くんだがセクシー大下じゃない、セクシー喜彦だ。たまらない。。

Tokyo Techtonix 何と言ってもこれが最高だっただろう。出演バンドのドラマーソロリレーから始まり、スペシャルなフロアlive、、そこらにはびこる学芸会の延長線上のイベントじゃないんだぜという粋な演出とソーファッキンスペシャル感。良かった。ドラムソロはフリッカーズのドラマーさんのが一番好みだった。。フロアライブと言えど、、客が一切過敏に近寄ることのない微妙な距離感が さすが、わかってらっしゃる(笑)

ナユタは2015年バージョンで、Parfect Kissリミックスだろう。Parfect Kiss嵌まってた。CDで聴きたいから、今年はナユタナイズド結集CD(1st mini ver,strike back ver,delight ver,bestalbum ver,2015 ver) 5曲入りで発売したらそれで十分だろうな、ギネス記録狙えと思った。

ナユタ→シチズンの繋ぎでat the drive in が来てね、前日に稲見3がtwitterであの曲を上げてたから、あの人you tubeの動画をtwitterで上げるなんていうことできるんだ関心していたんですけど、、、まさかliveでやるとは。。。イントロ入った瞬間この勢いは実は1っ曲まるごとやるんじゃないかと淡い期待をしたんだけど、歌える人がいないよね笑 次のアンノウントキオでは各バンドなんかのカバーを聴きたいなぁ。

Symphony はあの頃と違って、無重力空間ではなく、重力空間、しかも地下で鳴っているシンフォニーだった。今のavengers in sci-fiのフィルターを通して聴きたい曲がいっぱいある。そうだいっぱいあるんだ。。きっと皆3いっぱいあるはずだ。

当然このイベント、毎月とは言わないが、定期で各地で開催し続けて欲しい。地下で  集まって 今の昔の色んな曲を聴きたいんだぜ。
苦しいところではあるのかも知れないが、最少なんちゃら最大効果でよく頑張っていると思った。良い催しを続けて、お前ら学芸会にばっか行ってんじゃないよと 見返してほしいね。




posted by ヌメンチョ3 at 21:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

解散総選挙

音楽的に大きく変わったとは思って無いんですがね、こう、アベンズ彼ら的なマニフェストが変わったと思うんですよ。
確実に。

今年は、

だから一回 集まってたのを解散して、、、彼ら自身で改めて底から地盤を固めていくようなイメージだと極私的には勝手に解釈していて。こつこつこつとちゃんと支援者を獲得していければ素敵だなと思いますわ。全国津々浦々小さいとこで連戦連勝で150回くらい LIVEすりゃ良いんじゃないかと思ってます。


気合を入れて1/15 下北沢シェルター であったが、まずはビジネスだ 下北沢遠い 全然間に合わず着いた時にはWISH UPON。
ということでした。シェルターで見るアベンズはオーディションライブ以来かも知れない。あのオーディションライブは爆笑でね。なんかの機会があればお話したいですね。


新宿ロフトも楽しみだ。最少なんちゃら最大効果で頑張って欲しい。タロ3曰くぷらっと飲みに行く感じの催し、良いね、ただ、今のアベンズの重厚感ではぷらっでは済まないのは確実だろう、素敵だ。












posted by ヌメンチョ3 at 22:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

10周年

avengers in sci-fiの初作品「avengers in sci-fi」を発売して10周年だそうだ。皆3呟かれているので教えて頂いた。

推定1万枚くらい売れると思ってた1st mini album「avengers in sci-fi」が発売されて10年、、2015年1月は下北沢のシェルターでワンマンだ。
獣道を突っ走れ。

獣道を行くにしろ、シェルター即日ソールドアウトになるくらいの土台は欲しいなぁなぁなぁ。


今日の1曲
HAL THE SHOEGAZER / avengers in sci-fi    そろそろPV作らない?







posted by ヌメンチョ3 at 21:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

ドイモイ

11/3 avengers in sci-fi "Home Chic Tour" FINAL  赤坂BLITZ を見てきた


そうそう、赤坂BLITZ に行くのは2010年のスペイスシャワー列伝ツアー以来で、あの頃のavengers in sci-fiは売れ線レールに乗っている真っ只中だと私は思ってて、それこそMANSUNのLAGACYのプロモーションビデオのストーリーのような栄光から崩壊の轍を行くんじゃないかと余計な心配したり・・・。(ぜひご自分で探して見て貰いたい良いプロモ良い曲)(マリリンマンソンじゃないからな)
売れるためのプレッシャーと言いたいことも言えないこんな世の中じゃストレス    色々ギスギスしてたなavengers in sci-fi

それから4年後赤坂BLITZ  お客さんの入りはそこそこ程度、黄色い歓声も無く、幸運ながらあの頃の未来に彼らは立っていなかった 
誰があんな全開のロックンロールを見せてくれると想像しただろう。素晴らしかった。きっと幸運じゃない、センスがこの方向に導いたんだろう

11/3 avengers in sci-fi "Home Chic Tour" FINAL
1曲目は20xxで六本木と同様だが、あの時はタロ3のボーカルは声探りな感じでフワフワしていたが、、今回はよく声が出ていて素晴らしかった。全体通してとにかくタロ3のボーカリングが良かったねぇ。良い相性だったというよりはツアーをこなした鍛錬によるものだろう。3人の音が重なった時の重厚さに、一体今日のLIVEがどう進むのかとワクワクしてたまらんかった。      
2曲目SUPERSTARもギロッポンで聴いた時はタロ3・イナ3バランスに情熱の差を感じたんだけど、今回はしっかり完璧にシンクロしていた  avengers in sci-fi節 ハネるね、とにかくハネる 凄い。 NO FUTURE はさすがに圧巻だ。何であんなにCDよりピッチを早くしているかはぜひ avengers in sci-fi×ヌメンチョインタビューを閲読して頂きたい。拍手するしかない。当分のセットリストからこの曲は絶対にはずさないでほしいと思ってる。
Anonymous 最初のサンプリング声ネタに入る前に稲見3がトシロウ氏よろしくで、ドラムに向かって拳を振り下ろしたんだ、それはそれは最高に格好良かった一番のハイライト  この曲はやればやるほどもっと完成度が上がるだろう。あのシャウトからのセッション部分 やっぱ5〜6分聴きたい。やって欲しい。  レッチリ風からGuerrilla Radioのセッションで入っていくTokyo Tectonix 鳴き響くギターのスクラッチ音とデジタルなDeep Impactのベース音 まさしくこの空間こそがTOKYOの中心だ。
Caravan→Riders in The Rainの繋ぎはこのツアーセットリストで最大の見所だろう。何でこの繋ぎなんだかはぜひ avengers in sci-fi×ヌメンチョインタビューを閲読して頂きたい。頂きたい。
やっぱCaravan良い曲だな、HIP HOPだと思っている、、そこからピッチが徐々に上がってって灼熱のサハラ砂漠から雨降る東京にワープする感覚がたまらなかった。Ridersも良い曲だ本当に不意に口遊んでしまうほど良い琴線に触れていると思う。この曲最後に稲見3がワウを踏みながらベースを弾いてるんだけどその姿がね 超セクシーなんですよ。知ってますか  気づいていない稲見3ファンはぜひ次から気にして見て頂きたい!!!!!
And Beyondはもう完全に苗場のWHITE STAGEだった。Rezだ、踊れる。こんな壮大な曲なんだと思っていなかった。最後太郎3の歌声が音色になっていたでしょ 何でそうなるかはavengers in sci-fi×ヌメンチョインタビューを閲読して頂きたい。頂きたい。頂きたい。


Citizen Song 盛り上がっていた。観客の皆3が思い思いに良い乗りかたをしていた 素晴らしい光景だった。これで良いの、これなのよ。

アンコールにミネアポリス  歌詞を読めば分かるが、これはアベンズがアメリカのオースティンにLIVEしに行った時の珍道中を歌った曲だ。スタッフとの強い絆が歌われている。そういう感謝の気持ちをこの曲をやることで示したんだろうなと思い胸が熱くなった。

4年後、赤坂BLITZ 売れ行きでは引き離された他の組の現状を考えつつ、あの頃と変わらずやっぱ勝つのはアベンズなんだな。、強い意志と信念を持ってよく頑張っている。バンドの状況もすこぶる良いのが演奏と笑顔をみて伝わってきた。。。


但し、対バンに矢口真理を選び、断られ、その代わりにt.a.t.uを選んでドタキャンだと思ってるんだけど、そのチョイスはどうかしていると思うぜ。反省して欲しい。 対バンのグループイノウ 素晴らしかった ジャパニーズ1MC1DJの最高峰だろう。








続きを読む
posted by ヌメンチョ3 at 23:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

夜もヒッパレ

見たい聴きたい歌いたい!!とえば赤坂泰彦ですが、
いまだに発表になりませんね 11.3 赤坂ブリッツ avengers in sci-fi "Home Chic Tour" ファイナルのゲストがね・・・。

ここまでヒッパられると、こうなったら想像するしかないわけですが、極私的に予想させて頂きますとまず本命の◎は矢口真理さんですね、、、現在の時事を踏まえてここまでシークレットにヒッパるには意味があるだろうと、そうすると必然的に思い浮かぶのはやぐっつぁんですね。30分、赤裸々にアンノウン寝室ブルースを語って頂きたいと思います。「前夫も素敵でしたが、稲見3も長身で惹かれます」 なんて バカヤロ!

一体何がしたいんだ!?とも思いますが、、泣いても笑ってもあと数日、ゲスト発表を楽しみに待ちたいと思いますね〜♪






posted by ヌメンチョ3 at 22:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

アベンズチップス

小箱でアベンズを見たい。良ーい感じの縦ノリをしながら 見たい、ライブハウスで今のavengers in sci-fiのライブを見たい。あーファイナル以外にどこかに見に行きたい  葛藤と戦っています。

7月の六本木のライブ写真が、アベンズ公式twitterでホームシックツアーのトレーディングカード的に紹介されててすごく面白いですよね。私のお気に入りカードとしては、まずは10/25福山 Cable用のカードですね、「こっちこっち おかわり!と要求するタロ3 と でっかいスプーンを高々く掲げ神々しく待ち構える稲見喜彦3」 空腹男子の瞬間を押さえた素晴らしい写真だと思いますが最高です。 10/29の京都GROWLYは稲見喜彦の所信表明の瞬間の写真だったと思います、最高です。 10/3仙台MACANA ドラムを叩くとうもろこしの写真だと思いますがシュールで面白いです。

皆3のお気に入りカードは何なのか、教えてください。どしどしお待ちしています。応募して頂いた方から抽選でホームシックツアーカード保管用オリジナル専用バインダをプレゼントします。 嘘です。  トレーディングカード方式、なかなか良い発想だと思います。

そしてホームシックツアー、もう見た方も、これから見る方もアベンズロングインタビューhttp://www.nexus-web.net/live/future/unknowntokyoblues/ 必読ですよ。






posted by ヌメンチョ3 at 21:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

ヒーローインタビュー

お久のさ。

僭越ながら私ヌメンチョ3がavengers in sci-fiさんにインタビューをさせて頂きました。ありがたし。公開中http://www.nexus-web.net/live/future/unknowntokyoblues/

稲見選手から突然インタビューをして欲しいと言われ、酒も入ってるし冗談言ってんだなこいつと思っていたら、後日宮下マネイジャーよりお電話を頂き「稲見からインタビューの話聞いてるんでしょ。企画しますから」と一言頂きまして、あぁ頭おかしいだなこの人達と思いつつも
せっかくだからやってやろうじゃないかと引き受けてしまったわけで・・・。私の優秀なインタビュアーたる者のイメージではね、『男子ごはん』の国分太一ばりの

太一「ここで塩を振るのはなんでですか?」
心平ちゃん「塩を入れて茹でると、おいしく仕上がると同時に野菜の色が映えます」

太一「ここでごま油を掛けるのは何故ですか?」
心平ちゃん「風味付けですね」

太一「コリアンダーが手に入らない場合は何で代用すれば良いですか?」
心平ちゃん「三つ葉で良いと思います」

こういうね、自分は知ってるけど、万一知らない人も気になってる人もいるかもしれない、だから聞くんだ、という気の利いた質問ね、素晴らしいですよね。こういうかゆいところに手が届くスペシャルインタビューを頭の中に描いていたわけです一応・・・。結果的に全然できてないわけです。

実際アルバムを聴きながら事前に気の利いた質問を用意していったわけですが、いざインタビューとなれば専門的な機材の話などわからず、苦労をしましたが、、、、だから生放送ではできなかったと思いますが、メンバーもフォローしてたくさん喋ってくれたし、インタビューの編集も皆3のお力添えで素晴らしい記事になっていると思います。多くの人に読んでほしいです。


ひとつ、希望としてはね、インタビュー中に色んなアーティストの名前とか楽曲の名前とか出てくるじゃないですか。ぜひTEAM SCI-FIの皆3には、ご自分の手と足で調べて、レコードショップに買いに行くもよし、YOU TUBEで聴くのも良しですよ。ぜひ聴いてみて欲しいと。
気の利いた記事だと、LINKとかが貼ってあったりするんですけどね、、、自分で探さないとね真剣に聴かないわけですよ。結局。
自分で調べて、それでね、その音楽を聴いてみたときに「あっアベンズっぽいな」って思えば、たったその一つのメロディーやリフからその曲・アルバム・アーティストの良さを攻略できるわけです、そうすると今度はそのアーティストに似ている・影響を受けたアーティストを攻略できて、どんどんどん無限に音楽の知恵の輪が解かれていくんです。恐縮ですが、そういう感覚を味わって欲しいなぁと思うわけでして。。。

そういう音楽の輪を解いていくきっかけになるような音楽を提供・紹介するのが、音楽家(DJと称される方含め)に与えられた一つの使命だと極私的には思っているわけで、今の日本を見てもあまりそういう先につながるような音楽を作っているのは少ないんじゃないかと思うんですよね。なんかの記事で洋楽が売れなくなったのは日本のアーティストのレベルが上がったから聴く必要が無くなったというのを読んだ記憶がありますが、それは間違いで、洋楽を聴くきっかけになるような音楽が無くなってしまったが正解のような気がするわけです。







posted by ヌメンチョ3 at 20:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする