2016年03月23日

ヌメーン・C

アベンズHPより抜粋
「高校の同級生であった木幡と稲見によって02年にスタート、大学で長谷川と出会い現在の編成に。メロディック・パンクのカヴァーに始まりテクノ/ダンス・ミュージックへの傾倒を経て、数々のエフェクターを導入し独自の近未来的ロック・サウンドを展開」

アベンズの経歴 つまんないな〜、嘘偽り ひとっつもないじゃないよー!

「両親がグラミー賞受賞の木幡と巨人の末裔 稲見がテンプル大学で出会い、担任であった先生 長谷川 55歳とバンドを組み現在の編成に・・・」 だな


遅くなりましたが感想を
2016/3/11(Fri) 代官山UNIT  avengers in sci-fi “Departure Tour”に行ってきました。

新作アルバムDUNEから3曲Dune、Vapor Trail、Still In A Dream を披露して頂きました。もう、この3曲がズバ抜けて良すぎた。
まずは昨年からライブで披露してダウンロードも始まったDuneですが、前作でインタビューさせて頂いた際に「Unknown Tokyo Bluesという作品では、どの楽曲でも演奏していて気持ち良いという感覚を追求できた」という話を力強く語っていたのが印象的でした、Duneという曲は完全にその延長線上にあって演奏していて気持ち良い路線の究極系でしょう。この日の木幡太郎さんのMCで音楽を聴き始めた頃の自分に、「こんな曲作ったぜ!と自信持って聞かしてやりたい」と語ったように、この曲には魂がこもっていて曲がモンスターのように生々しく生きている。巨大なモンスターに気持ち良く飲み込まれてしまう そんな感覚でした。

Vapor Trailは曲名通りその通りの腹を抜けるような疾走感に体育会系のFOALS的な汗臭さを掛け合わすというのが2016年アベンズ流だろう。後半の展開がめっちゃくちゃ格好良い、先生のドラムが非常に心地良かった。曲が終わった瞬間には放心だ。

Still In A Dream 、タカハシマイ3と共演でした。ファンの方はわかってらっしゃると思いますがアベンズ×女性ボーカルって絶対的に相性良いんですよ。わさび醤油にアボガドみたいな感じ。わかる?
グダグダなMCからの登場でしたが、、嫌な顔一つせず登場して頂いて、やはり3人の前にボーカルが立つっていうスペシャル感  感動。
あの場にいた方皆思ったと思いますが、前奏がビョークよろしくのけっこーヘヴィな入りなので「おいおいあのタカハシ3のあの可愛らしい雰囲気に合うのか?」という感じなのですが、しっかりそこから砂原さんのLOVE BEATのような音色でPOPの世界に持っていくavengers in sci-fiの手腕に脱帽です。そしてタカハシ3の見事なボーカルと存在感、お見事でした。木村カエラさんと共演の際は完全に木村さんに引っ張られている感じでお手上げバンザイな感じでしたが、今回はしっかりボーカルを際立たせようと引っ張っている大人なアベンズ3人が見れて嬉しくもなりました。

っというわけでですね、とにかく新曲3曲が際立っていたからこそでUnknown以前の曲と以後の曲、セットリスト的にはかなり難しかったと思うんですね。1曲1曲は本当に素晴らしかったんですが、ちょっと流れが悪かったかなぁとあの曲とあの曲の順番を入れ替えて とか色々考えながら見ていましたが、、久々のホモサピエンスエクスぺリは良かったなぁ。前売り3,500の当日が3,800ですから私の感覚から言わしていただければ アンコール無しはぜんぜんOK でもあと2曲欲しいと思います。


DUNE発売まで、、あと1ヶ月ですから  ここからここからどんどん盛り上げて  SNS中をアベンズで埋め尽くしてですねー。爆発的に売って風穴開けたいわけですよ!!口コミ口コミでいきましょう!!!







posted by ヌメンチョ3 at 22:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

昼休みの戯言

いつまでも、ださいステップ踏んで踊ってんじゃないよバカ、 躍らせてんじゃないよセンス無し
と俺じゃなくて avengers in sci-fi アルバム「DUNE」が 音でそう言っているように思う。


Aが流行ればBを追求し、Bが流行ればCに移行して、そうやって最終的には崩壊するか、Aに戻ったりする。それが流れだ。

この10年、音楽 いつまでたってもA  もうずーーっとA  Aばっか 不毛   Bにいく勇気がないのかセンスがない。 Aが主流で良いんだけど見る側がBに移る瞬発力がない。  コシショウを見習え!!

AとかBとかいやらしい話じゃないぜ。 






posted by ヌメンチョ3 at 12:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

カジノドライヴ

アベンズ、、フジロック前にツアー終わるってさ。SMASHさん呼んでください。その頃には完全に仕上がってますよ。


いよいよ発表されましたね、4/20発売 新アルバム「DUNE」

わかるよ、わかる
最近と言えば、デューン・フジオカにデューン更家、デューン元気と流行り者が多く、、そして何よりの村上ショージのドューン!!から、 あやかって タイトル 来てるんですよね。。先日のENGEIグランドスラム、やたらとオリエンタルラジオの新ネタが話題となっていますが、、、だって実は圧倒的に衝撃的に面白かったのが村上ショージ兄さんの紙切り芸。おもしろかったもんなぁ、本当おもしろかった。


「DUNE」のAmazonの商品説明を見ると ふむふむ そうかそうか。更にヘヴィであり、 「荒廃した未来」 というキーワドも出ている  だからそう、極私的に感じているのは宇宙的な本来のavengers in sci-fiっぽいんだよ。

あーそうだ、なんかアルバムレコーディングの後にレコーディングしてたな、まだ謎が多いぞavengers in sci-fi。

とにかく、 まずは3月の"Departure Tour"に足を運ぶしかない。いつ売切れてもおかしくないぜ!!









posted by ヌメンチョ3 at 21:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

avengers Unchained

おばあちゃん、、ウォウ ウォウじゃないよWOWOWだよ       クレバね

で、daft Punk Unchainedというドキュメンタリー映画をやっていたので、見入ってしまった。。

この作品 学ぶことは多いが 大事なのは、彼らはそもそも自らやってたバンドに評された「daft punk」という名前を好んだという、、批評を歓迎して喜んでいること  作品Human After Allもそう、批評の上に成り立っている エレクトロミュージックの仮面をしたPUNKスタイル   マネジメントも強気なんだ。 そしてあの仮面は存在を消し未知に繋ぐという、過去と未来を繋ぐ象徴だということ  たぶん。
あの2人は相当に幼少期・青春期の音楽的映像的影響に感化されて その上に成り立った上で未来に繋ぐという意識が強いということが改めてよくよくわかりましたね。あれ、、どっかのなんかのバンドによく似てるわ。

そしてこの作品がおもろいのは、daft punkの自身のインタビューはほぼない(ラジオのインタビュー抜粋程度)で、ほぼ関係した第3者の証言で構成されている。昔のスペシャとかdvdは結構こういうスタイルあったと思うが、本人の話が無い方がやはり面白いと思う。

avengers in sci-fiがもし映像作品を出すならこういう第3者によるアベンズ講評を絡めつつ、ライブ映像&スタジオライブ(ちゃんとセット組んで)&PVで構成すべきだと私は思っています。


なに、アベンズ昔の話にまつわるエトセトラが聴きたいって?第3者の講評・・・・・ その仕事なら受けますよ私も 。。。





posted by ヌメンチョ3 at 22:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

幸福餃子

あけまして おめでとう ございま スターボーイ

1月は大 騒 動が多かったですね、そんな中、便乗の分裂騒動もハーフタレントとの不倫チョメチョメも起こさなかったavengers in sci-fiですが、、、極私的には最高にビッグおもしろ事件を起こしてくれたと思っています。。

NOISEMAKERさんのイベントに誘われたavengers in sci-fiの皆3、事前にイベント盛り上げのためでしょうtower recordさんが素敵な事前 ユーストリーム番組を組んでくれたわけです。その番組はこういうふれこみでした
『NOISEMAKERと、avengers in sci-fiのメンバーが、イベントへの意気込みに加え、テーマである”ご当地”愛をかけて、ご当地グッズやご当地キャラ、ご当地グルメ、ご当地自慢など、ご当地対決を繰り広げます!!!』

そうかそうか、おもしろそうだ!!ぜひ見てみようと拝見しました。

一応、東京代表のavengers in sci-fiの皆3  
どんな華麗な東京爆笑アベトークをしてくれるのかと思いきや、、、ひどすぎた。

まず、アベンジャーからNOISEMAKERさんへの質問  「どんな漫画が好きですか?」 「お薦めのラーメン屋さんはどこですか??」 ・・・・・コミュニケーション障害が溢れる    しょーもなさすぎて涙が出る程、笑ってしまう。
では、ご当地のお薦めアイテムを教えてください。  木幡「ラーメン二郎 藤沢店」、稲見「横浜名物サンマーメン」、長谷川「とみ田 松戸店」 ・・・・・・・・みんなラーメン縛り&東京絡めない  しょーーもない、会話が弾むはずがない、、涙が出る程 笑ってしまう。

ご当地のプレゼントを用意しました。→稲見家ふるさとの「うどん」茨城産  東京名物として「ひよこ」を出すが、、、「ひよこ」の発祥は福岡なんだよ  また東京を絡ませることができない  しょーもない また笑ってしまう。。。
そしてプレゼント掛けた黒ひげ合戦が、いくら剣を刺してもぜっんぜーん飛ばない  意味わからない人たちが、何言ってんだかわかんない程度の声量でブツブツ言いながらひたすら黒ひげに剣を指す姿に、爆笑してしまう。

そんな粗相溢れる ひどい放送でしたがNOISEMAKERのドラマーさんのナイスキャラのお蔭でどうにかどうにかになったと思います。。珍しくアベンズ3人揃って放送に出たと思ったが心底本当にTVに向かないんだなと思った大事件な放送でした!

そんな放送中で「現在アルバムレコーディング中です」と、はっきり言ったのが我慢して中継を見た人の唯一の報いだったのではないでしょうか?「でも長期間レコーディングしてんだからアルバムに決まってるでしょ!?」と思う方もいるかもしれませんが、
私は以前に彼らのレコーディングを見たことがありますが、例えマキシシングルでも多分何十日も掛けますよ彼らはね。こだわりがね。。まぁバンドマンっていうのはそういうもんなんでしょう。世間からの見方はミュージシャンなんてろくなもんじゃないというのが一般でしょうが、音楽家というのは基本真面目なんでしょうね。。




2回チャンスがあったと思うんです。Mステとフリーライブね。そこで、頭にタライを落とすか、なんとか課長やらにハリセンで頭を叩かすか そんな演出でもあれば  その後は、とことん馬鹿になりきって発言で笑いに変えて。  涙浮かべてお辞儀してる場合じゃないんだよなぁ。
ミュージシャンなんてのはろくでないというイメージが先代の真面目に不良であったミュージシャンのお蔭でイメージ付いてるんだから、「あの娘も馬鹿なろくでなしに洗脳されて騙されたのね」 で終わってたんだよな。

私以外私じゃないから演じられなかったのかな?

そうでもしてりゃ、4〜5年もすりゃ、あの時の裏話的なゲスい番組であの娘があの時の真相激白・・・みたいな 「ゲスになりきって助けてくれた」 みたいな エピソードで もう1ブレイクだったかもしれないのになぁ・・・(笑)








posted by ヌメンチョ3 at 22:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

1→7→3 〜私に恋した稲見さん〜

ああ、タイトル、タイトルはね、ドラマに触発されまして。

早いもんで、気がつきゃ勇み足、今年ももう12月っす師走っす。年々、1年早く過ぎると思ってるこの感覚は実は毎年大して変わらないんだろうってなんてのは気づいてますよ、すでに。。

しかしアベンズの最新作が発売されてからもう1年半が過ぎるんだってのは驚いた。なんとまぁアベンジャーは何やらなんかの作品をレコーディング中らしい、、おいおい!!早すぎるぞ!!と思った私なのだが、、前作が1年半前だと考えれば妥当な話だが。。。
時期尚早と感じるのはアンノウントーキョーブルースの振り幅の深さと、まだこの世界観を味わいたい!という感覚がまだまだ強いからであろう。

そんなアベンズ、今週はレコーディングをこなし土曜日には自主企画のアンノウントーキョーを開催ということで、午後1時から夜7時まではレコーディング、午後7時から午前3時まではライブの練習みたいな感じでやってるのかな、山Pもびっくりの過酷な日々を過ごしていることでしょう。レコーディング中ではあるが、今の彼らには 粛々とライブをこなす ことも非常に重要な仕事であると思う。


今年、FOALSとかMUTEMATHの新作を聴くと、良いラインを探すバンドは、それぞれふり幅は様々だなという印象である。
どう展開していくか、、、非常に重要だぞavengers in sci-fi





posted by ヌメンチョ3 at 22:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

笑福亭二択

twitterにて2択機能が追加されたということで、、、先日ちょっとアンケートを取ってみたんですよ。

せっかくだからドンピシャで世間のトレンドを掴みたい!!というわけでアベンズ作品のどちらが好みか!?2択調査をしてみたわけです・・・。
残念ながら、私の力不足でいずれの質問も規定打席の100票に到達しなかったため、ただの参考記録にしかなりませんが、調査結果をカムバックしたいと思います。


質問@
Citizen Song  VS  Tokyo Techtonix
この質問はですねーー、たしか曲完成の当初に居酒屋で稲見3からこの2曲をいきなりヘッドフォンで聴かされて、どっちがアルバムのリード曲に相応しいか?と聞かれてですね。。曲感が全く違う2曲で、どちらも従来の殻を破り斬新、ラインも良い。悩んだ挙句に回答できませんでした。今でも選べません、ライブを見たら尚更です!

投票結果はCitizen Song 31票(61%)   Tokyo Techtonix  20票(39%)でした。
意外に差が開いたな という印象です。


質問A
Disc 4 The Seasons VS dynamo
アルバム対決ですね。DISC 4 は楽曲力、dynamoは強力なコンセプトアルバムという印象なんです。極私的な好みに言うと、実はdynamoですね。
作品力 感動大作dynamo!!
投票結果はDisc 4 The Seasons 27票(54%)  dynamo 23票(46%)でした。さすがに割れますね。。


質問B
Yang2 VS  Sonic Fireworks
泣く子も踊る、いわゆるひとつのアンセム対決ってやつですね。私の解釈ではヤンヤンはストーリーのよくできたコント、ソニファイは完成度の高い漫才という印象です。私の好みを言えばYang2ですヤンヤン!

投票結果はYang2 19票(36%)   Sonic Fireworks  34票(64%)ソニファイ強し!!!みんなシングル買え!!!!


質問C
Psycho Monday VS  Riders In The Rain
アルバムとしてもライブでも2曲目対決ですね!マンデイで元気にハネて踊るか、ライダースで心地よく揺れて踊るか、曲の構成も良いですがどちらも凄くライブで映える使い勝手の良いセットアッパーのような曲です。この2曲から選ぶにはその時の 気分にもよるでしょうが、 最近自分の中でツボにはまっているライダースが好みです。

投票結果はPsycho Monday 24票(48%)   Riders In The Rain 26票(52%)
超僅差!!おもしろいぞ。。今後も使い勝って良く歌われまくって欲しい、頑張れセットアッパーの2曲!!


質問D
Superstar VS  20XX
この対決はね、私、アルバムインタビューさせて頂いた際に強烈に印象に残っているのはアベンズとして大満足の20XXとちょっと不本意なSuperstarという口ぶり感じだったわけです! まぁ気になる方はもう一度でもアベンズインタビューを読んでいただければ良いかと思いますが。

投票結果はSuperstar 36票(73%)    20XX 13票(27%)
アベンズ節はやっぱ強いです。スーパースターは私も凄く好きです。特に秋競馬の時期にはしっくり嵌まります。。あんなにJRAのCMに会う曲もなんじゃないかと今でも思っています。ただ、アルバムとして最大のハイライトと存在感は間違いなく20XXです。



こんな感じでちょっとアンケートを取ってみたんですが、世相も見れて面白いですね。 もっと2択で聞きたいことはたくさんありますが、もうこの機能を使うのもハロウィン状態か?恥ずかしいのでやめておきます。


2択投票に出遅れた!投票したい!!という方いらっしゃいましたら、投票とコメント付きでコラムの返信に頂けますと幸いです。





 


posted by ヌメンチョ3 at 22:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

哀愁のブルース

ブルースと言えば伊勢佐木町ブルース。ジャパニーズブルースと言えば哀愁漂うのがイメージであり、横浜のこの辺りの街が醸し出す妖しい雰囲気がブルースに嵌まるのだろうか。

そんな横浜の石川町のFADで聞いた初聴のavengers in sci-fiの新曲は「哀愁」の塊りのような素晴らしい曲だった。激しいリフの中で感じる哀愁、今までに無い胸を鋭角にえぐられる名曲だ やはり、まだavengersブルースを鳴らし続ける気だな、最高だ。


2015年10月12日 「F.A.D YOKOHAMA presents THE SUN ALSO RISES vol.16」
行き道、電車から見えた横浜スタジアムにクライマックスの残像が見えた、スタジアムが哀愁に包まれ泣いているように見えた。
ひっさびさの横浜FAD、、たとえ脳が忘れていても足が覚えていると、石川町駅を一歩降りれば足が案内してくれると自信満々で歩み進めたが完全に逆方向へ向かってしまう(笑笑)

ツアーでもなきゃ、バンドの自主企画でもない、 平場の2マン  相手はthe band apart   持ち時間はアンコールを抜けば1バンド1時間づつ  なんて良いイベントなんだ有意義な時間なんだ。。究極対至高の対決が見れる、しかも県内、最高だ。

ライブハウスに足を踏み入れ驚いた、、先行は海原雄山(バンアパ)かよ!!
the band apartの1時間、至高のグルーブと決して外さないポップ感。。うーーんこれはジャンル:バンアパとしか言いようが無い完成形だ。途中の原氏のアベンズに関するMC、爆笑だった。文字に起こしたところで1mmも面白くないバレットだから、書かないけど、ライブに行った人の特権だね。。

後攻のavengers in sci-fi  総力最速セッティング?で意外に早く登場で始まる。。   相手のノーエラーのプレッシャーからか1っ曲目シチズンソングの初っ端がどうも固い。。1時間も聴けばバンアパさんの綺麗なアンサンブルに耳慣れてしまう、だからか演奏力も音も厚みが足りないように感じる。。やっぱ勝てないかなと思うが、たくさん残ったお客さんのノリがすこぶる良い。相応するように1曲目途中からアベンズの出来もミルミル良い。

驚いたのは2曲目のRiders in The Rain ハイライトだった。決して決め手の無い曲だと思っていたが、この曲の深みはとんでもない。。ライブで聴くたびに吸引力が上がっている。3人でもここまで深みがだせますし、こんな踊れる曲なのか!この日この曲、タロ3のボーカルのエフェクトの掛かり具合が神がかっていた気がする。

この日のセットリストの並び、曲のアレンジ、曲間の繋ぎ 全てユーモアにあふれていた。。そして節々でゲリラレディオあり、Rezあり、HIGHERあり、  え、「パクリ」騒動? そこはセンスだろ。つまんねーこと言ってんじゃないよ馬鹿野郎という爽快感。そして夢中遊泳までも出てきましたね、自分たちの曲のワンフレーズでも持ってくるっていうのはもっとやって欲しい。ナユタに入る前の1瞬、Lady Organaのフレーズが来るかな思ったぜ。もっとやって欲しいぜ。

そんな中、新曲1曲だけは抜きに出て、異常な存在感を放っていました。今でも頭から離れません。

昔の曲も‘今’のアベンズがやるとなると曲の強さが凄い。どんどん昔の曲を今のアベンズフィルターに通して聴きたいぞ!そうだ聴きたいぞ!!もっとやれ!!!  

いやぁ、、9月の自主企画LOFTライブを見ていないからかライブ完成度に度々驚かされました。。



タロ3のMCでもありました横浜FADとの思ひ出話、、ここ横浜FAD  08年にアベンジャーのPLANET ROCK TOURでバンアパさんがゲストで出演し(SAVE OUR ROCK,STARMINE SISTER入りのライヴ会場限定2曲入りシングルPLANET ROCK CD)を売るツアー  そうか、だからSTARMINE SISTERを演奏したんだと思いますね。。
そして、そうそう20歳くらいだったか、初めてAtom Heart Mother(現avengers in sci-fi)がライブやったのも横浜FADで、昼のオーディションライブでしたね。タロ3MC曰く「音が鳴れば十分」  そうだそんな感じでしたね。。

そんな記憶を思い出しながら、帰りの石川町駅までの歩み  今じゃ、バンアパさんに勝てるライブもできるのかと秋の風の哀愁に包まれながら感慨深げに帰りました。









続きを読む
posted by ヌメンチョ3 at 22:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

奈落

アンノウントーキョーというアルバムが出てからは、けっして近道にならない地下道をしばらく歩んでいって欲しいなという極私的願望を持っていた。奈落で百戦錬磨的にライブをこなして欲しいと思っていた。 

おそらくチームアベンズも同じような意識をお持ちのようで、そのような展開でしたが、、今年の活動を見るに先生の結婚があり、あと先生の結婚とかがあったりして、色々あったんだろうが 正直こんなにまでぽつんぽつんとした間隔でライブをこなすとは思ってもみなかった。この展開が凄く異質で面白味がある。

その辺、どう考えているのか、 ただ単に干されているのか? いや違うだろ。。インタビューを取って欲しい。巷のインタビュー記事を読むよりも よっぽど面白味醍醐味があると思う。avengers in sci-fi  今、何を狙い考えている、この先をどう考えている?先日の新宿ロフトでのUnknown Tokyoを見れば、大好評の新曲を聴けば、、答えがわかったかも知れないが、残念ながら参加できなかったし、地方の方は参加できないだろうし、大体作品が出た時だけインタビュー取ったってどうせオウム返しおもしろくない! この今のavengers in sci-fiを記事にして頂きたい。






posted by ヌメンチョ3 at 22:18| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月31日

東京五輪ピック

国立競技場、ぜひ最初のデザインでやって欲しかった。本当にあんな金が掛かるのか、十分入札を競わせたのか、
あーあの国立競技場を見て見たかった。多少高くても、うまいこと募金的な、年代の人達は出すんじゃないかね日本の底力 タンス貯金。。

今盛り上がってる東京オリンピックのロゴ問題ですが、似てる似てないどうでも良いですが、、ちょっとダサすぎて役不足感が いなめませんね。WBSCプレミア12用の侍ジャパンのロゴだと言われれば納得しますが。オリンピックには相応しくない。
そもそもね、あんな引っ張り出されてデザイン似てる似てないを引き合いに出されて犯人扱いされたんじゃ、音楽にしてみれば存続できませんよ。。特にavengers in sci-fiなんてのはバンドを存続できませんよですよ前科何犯だバカヤロー。 大事なのはそこじゃないのよ。

そんなこんなでへんなところで盛り上がりを見せて恥ずかしいばかりの五輪ピックですが、、私が考える大問題は東京オリンピックの公式テーマソングを誰がやるか問題ですね。。ロンドンオリンピックはMUSEが担当しましたが、あれほどの世界中に名をはせるスケール感のバンドは日本にはいません。。

じゃあどうするか、、無難にいくと坂本先生くらいしかいないか、なんか悔しいな んじゃAKB48にするか、宇多田さんにするか、ウルトラソウルにするか、、どうだ、いまいちしっくりこないな、
やっぱロックバンドにお願いしたい、お祭り盛り上げフェス乱立の中で いるか そんな 正攻法の世界的なBANDが、、このフェス乱立のどんぐり背比べのような時代に出てくるのかなぁ。
なんて考えながら、、開会式 公式テーマソングを歌い上げる 国をあげた世紀の一大イベント 間違ったの出して 恥をさらしたら もう NIHON NO OWARIだ。

今、五輪種目のスポーツは2020年を見据えて年代毎に強化プロジェクトを立ち上げているわけで、、音楽会も2020年を見据えて本気になって世界規模のスケール感を持った苗場のグリーンステージのヘッドライナーを当然のようにこなせるようなスケール感を持ったアーティストを作りあげていくべきだ。
そう意味で、avengers in sci-fiさんに強化資金 1億円を差し上げて欲しいと思う。まずは、美容整形から始まるだろう。

最近、なにやってんだavengers in sci-fiと思う方、多数と思いますが、犬の写真を見れば分かりますが、ちゃんとやってるみたいですよ。安心してください、ちゃんとやってますよ。


今日の1っ曲 東京五輪音頭/三波春夫






続きを読む
posted by ヌメンチョ3 at 23:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする