2018年09月16日

安室奈美恵と俺

どこへでも続く道がある。 よりも どこまでも続く道がある  の方がしっくりきそうだけど、違うのよ。あの時代のTKは勝ってるからね、だから勝てる。    日本語的におかしくたって たとえばこれが恋とは違くても なんだよなあ たとえばこれが恋とは違っても ではないのよ ミスチルは あの時代勝ってるからね。
その僅かな差の、たった一文字だけの直感が人々の琴線に触れ勝ち続けたんだろうなあ。

中学時代、当時は我ら学生にも半ドンてやつで土曜日でも午前中は授業があった。授業終わりで午後は部活だった。バスケ部は、体育館の割り振りで授業後飯食ってすぐに練習パターンと、間が空いて15時くらいから練習スタートパターンがあった。

15時スタートの間が空くパターンの場合は、一旦家に帰ったりするわけだが家に帰った時点で地獄の練習に耐えうるモチベーションがどうにも上がらないわけだ。。そんな時に俺を救ってくれたのは家の向かいにあるダイドー自販機で買えたmistioとそのCMソングであった安室奈美恵のドントWannaCryだ。mistioの微炭酸のための安室ちゃんのドントWannaCryの歌声が憂鬱な昼間を超えさせてくれたことを今でも覚えている。。mistioがあったから安室奈美恵がある。

自分でもすっかり忘れていたのだが、先日稲見がイライラ棒をやってる動画見て思い出したのだが、、、そうだ中学時代に俺は安室ちゃんのライブを見ている。友達と行った横浜アリーナ『幸運のサイコロ 最後まで当てたら100万円』で見たんだ。 サイコロの出目を当てる おれは友達と2人で1万人から最後20人くらいまで残ったんだ。TVにも映ったなあ、TVデビューだったなあ。。。塾をサボって行ったからTV映って話題になって先生にめちゃくちゃ怒られたなあ。 あの頃の未来に僕らは立っているのかなあ。


時は随分立って、だんだんと安室ちゃんの名前も聞かなくなりまして  ある時 かみさんの激押しで最近の安室格好良いぞという感覚があって、タワレコに買いに行ったQueen of Hip-Pop    ツアーも行こうぜ!とやっぱアリーナクラスだろうなと見たツアースケジュール  度肝が抜かれた。怒涛の日々で地方の会館、ホールを駆け抜ける完全パンクスタイル。チケットも簡単に取れて見に行った横浜県民ホール  間近で安室  MC無しのぶっ通し 最後の方でぶち込んでくるYou`re my sunshineとChase the Chance もう全然声が出なくても当時の感じで歌いあげようとするそのstrongスタイルに 度肝が抜かれた。 度肝を抜かれたんじゃない、度肝が抜かれたんだ。あまりの感銘に初めて出待ちまでした。。。 

ほどなくして、また人気が出て 再び歌姫として駆け抜けていった 安室さん。。俺は知っている あのStrongスタイルこそ安室奈美恵なんだと。1万人のアリーナよりも100人くらいのライブハウスで 輝いていたい 根っからのパンク精神の持ち主なのだと。

一度売れた人がもう一度売れるということは多分そういうことなんだろう。


posted by ヌメンチョ3 at 23:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

回る 回る 時代 終わらない サイファイト!

もうしばらくで、ツイッターやってる人、毎年代わり映えのない なんちゃらフェステバル行く人がダサくなる時代が5年遅れでやってくる。
「俺やーめた」「スマホ持つのやーめた」 層すら出てくる予感がする。

先日、とある番組を見ていて、良い意味で少し若者のセンスが変わってきている事に気付いた。
それは決して好みのセンスでは無いのだが、それが重要で、もうきっと私も時代に置いていかれたのだなと千代の富士を感じました。

時代は変わる、、あと少しで。。それはそれで困ったもんだが。。。

thee avengers in sci-fiは、お客様を増やせる可能性のある範囲にいると思う。あの層を掴め、わかるだろ、あの層だよ。

ジャパニーズロックンロール 第何次 時代かな?
いよいよ壁が無くなるぞ♪???なんて曲あったな、

もうすぐ、時代が変わり始めるぞ。そういう曲をavengers in sci-fiに期待する。
続きを読む
posted by ヌメンチョ3 at 22:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

だからアベンズに出会った

3.18 SCIENCE MASSIVE ACTION@新木場STUDIO COAST

最初から行って体力が持つ自信は到底なく、まずは千葉マリンスタジアムに野球観戦へ。。マリンで何度かライブは見たが、野球を観るのは初めてで最高だった。

千葉マリンといえば思い出すのは、2000年のAIR JAMで、あの時どの出演バンドも当然格好良かったけども、ハイスタはやっぱ別格というか圧倒的なモンスターの如く輝いていたのを思い出す。。あるいはあの日のLONDON NITE の ミッシェルであったり、、他のバンドを赤子の手をひねる如く全てを奪っていく圧倒感は凄まじかったなああんて思い出しつつ、、今日のアベンズも単なるお祝いLIVEではなくそんな圧倒感を感じれるLIVEになったら良いなぁと思ってこんなツイートをした。

『ここ3、4年 地下に潜った感じの地下アベンズが今日久々の華やかなステージで輝けるのか輝けないのか。 こういう勝負では「むこう30年avengers in sci-fiには手を出せないな」と思わせるようなそんなぶっちぎりで圧倒的なライブを見たい。期待してます。』


そんな事を考えながら新木場コーストへ到着、、
この空間で常にどこかで演者の方が音を鳴らしていて、みんな思い思いに踊っていて こんな宇宙船あったら最高だなと思った。

さすがに兵ぞろいのメンツなだけあり、どのバンドも格好良くそしてまたどのバンドもたった30分であろうと濃かった。

大トリavengers in sci-fiの出番は21時近くであったがお客さんはほとんど帰らず一安心。。

1曲目はTokyo Techtonix  15年もバンドやっていれば、周りから去っていったバンド、変わってしまったバンド、活動を辞めたバンド様々 見てきたんだろう。歌詞では「変わっていくのは、誰のせいでもないぜ」と言いつつも、「俺たちは絶対に変わらないぜ」という強い意志 だからこの曲を聴いてくれよという 感じが出ていて  この日のための 1曲目に相応しい曲であり また改めて曲の意味合いを感じすごく感動した。

2曲目はyang2 で、「先ほどアベンズは地下に潜っているなんて言って申し訳ございませんでした」と言いたくような15年蓄積のアベンズ流 こぶし が効いていた。オーディエンスの反応を見て分かった通りに幕張で毎年ライブやってる時よりも今が全然吸引力が上でしたね。近代最高の大衆ダンス音楽です。

ファンにはお馴染みの“agehaタイム”はナユタナイズドとI Was Born To Dance With Youで皆 心地良さそうに踊っていて、驚くのは何気に15年前の曲と1年前の曲で、そんな2曲をさらっと遜色なく繋げてagehaタイムに仕上げる横綱相撲に 唯一無二のアベンズ流圧倒感! 興奮する。

そして今のavengers in sci-fiの魅力をこれでもかと見せつけて

アンコールのホモサピでは演者の方もステージ上に上がってお祭り状態に!!なんかこう 色んな雰囲気がAIR JAMだなあと、
アベンズは時代のヒーローなんだなと、。ハイスタなんだな。


気づけば宇宙船は月に着いていて。 avengers in sci-fi 15周年 おめでとうございました!!







posted by ヌメンチョ3 at 00:09| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする