2014年06月19日

東京、讃えろ東京、何度も讃えろ東京

「どうかしてたんだ 似合わないシャツを着てた」

真意はわかりませんが、私はこの一節が好きでね。なんか思い出しちゃうんですよね2011年のROCKS TOKYOを。。。。私はね、信じてますよ似合わないシャツなんて着なくたって、良いものは売れる時代が来ていることを。

もう皆3ありがたく聴いたと思いますUnknown Tokyo Bluesを、、もぅもうもうもう最高ですよね!!!!堪らなくないですか。
「歌うぜ東京 去ったあの歌を 歌うぜ なんども歌うぜ」と、いうことでまぁ笑っちゃうくらいにサンプリングがそこかしこに入っていますよね。聴いた話によるとあまりに明らさまで却下になったのもあるとかないとかで・・・・。
ついついそんなスタイルに注目しがちですが、そんなの今作に始まった話ではないわけで、、もうずっと、だって04年から歌ってるわけでキーワードは「超現世的で来世的」で、ずっとずっとそのサンプリングスポーツでやり続けて来ていることは全く変わらないんです。ただ大きく何かが変わったのは前作のPearl Poolで、、誰も挑戦しなかったプラスアルファの領域に踏み入れられた感がしたんですね。

タロサイが以前にこんなツイートしてましたね“今日とある新曲のミックスしたのだが・・これはスゴいものが出来たかもしれん・・・これはいまだかつて誰も作った事の無い曲だ!と大まじめに言える”今作は全曲、そのスゴい曲なんだと私は思っています。

SoldiersでBulls On Paradeのリフから本編への戻り方、その後の展開を聴いた瞬間、音楽の歴史が変わると思いました。ましてやBulls On ParadeのリフをBASSでやっているというアホらしさ。最高だろ、東京、avengers in sci-fiを讃えろ東京、何度も讃えろ東京。

別にサンプリング元が分からなくたって問題ない、実際今まで彼らの発想を皆ほとんど気づかずにやり過ごされてきた、キーワードは、もう10年経っても「超現世的で来世的」だ。それさえ感じれれば面白味がわかるでしょう。

20xxまで旅は続いている、こうなったらSoldiersとしてジャパニーズファッキンミュージックビジネスと戦い続けて欲しいわ。avengers in sci-fiが売れない時代なんて、avengers in sci-fiを売らせることができないチームなんてNo Futureだぜ。





posted by ヌメンチョ3 at 22:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。