2013年09月29日

あきはアベンズ

秋めいて来ましたね。

avengers in sci-fi 11月には非常に良さげなliveが2本ある。レコ発じゃなきゃワンマンじゃないし、自主企画じゃなきゃ有名フェスでもない、、、
日大の学園祭とtieemo埼玉所沢航空記念公園野外ステージでのライブだ。あんまり期待感を持たなくて良いし気合い入れて気構えて行く必要もない、、ふらっとQUSUMI的に気楽にふらッと行きたいライブだ。

会場的にもね非常に珍しく良〜い感じで、時間的に考えればけっこーがっつり曲目をできるんじゃないだろうか。。こういうライブにはぜひ行きたいもんだ。所沢に出るthe get up kidsは大学時代小田急線でもっとも聴いたアーティストかもしれない、ぜひ見たいのだ。聴いたことが無い人がいらっしゃればぜひ聴いてみては如何でしょうか。
日大は来年はぜひ藤沢校舎 藤桜祭に出演して欲しいぞ。

07年LOFTのDANCE HALL ROCK Vol.1なんかはふらっと行ったアベンズライブでは非常に良いライブだったなぁイベント的にもすっごく良かった。
ふらっと行ってみたらアベンズ的にもふらっとしちゃっててよくない場合もあるが、、今は無いだろうが、、外れたらごめんなさいだ。


さてさて、ところで 今 アベンジャー 何やってんだ!?って感じなんだが時折出る稲見3のtwitter公式ツイートを見ると、、何か期待できる感じがする。。 何かあるぞ。近いうちか、いつかな、あるかな。ないかな。

今日はスプリンターズS  ロードカナロアの圧勝か。




posted by ヌメンチョ3 at 12:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

2020 sci-fi五輪ピック

9/8の早朝も早朝、川崎フェスでベンズの演奏が終わる頃に、むくりと起きて五輪ピック開催国決まりますよ特番を見始めた。。各局をパチパチ変えながら、どの特番も意外にメンツが手薄なんだなぁなんて思いながら、、東京のプレゼン完璧だなぁなんて一企業人として思いながら、もし日本に決まれば弊社にも多大な影響があるんじゃないかと‘アベンズがライブすれば桶屋が儲かる’の発想でワクワク想像しながら次第に胸が熱くなってきたんですがね、
第一回投票で、イスタンとマドリーの獲得票が同数で即再投票になったわけでですね、その瞬間、会場もIOC委員も各局も大混乱という感じだったんですが、、TV朝日の池上さんだけが‘東京は落選ですね’と言い切ったんです。ベンズが川崎フェスで演奏が終わる頃から何度も何度も説明された投票の流れ結果発表の方式から言って、少し冷静になって考えれば分かるんです、まずは東京が落選じゃないということは。。。池上さん間違えたんですね、あってはならない間違いだと私は思いまして頭に来ました。80%嫌いになりましたねあの人、あの瞬間で。。


TOKYO 2020 発表の瞬間は感動しました。その時、娘は7歳、何か見せてあげたいなと思いました。

そしてavengers in sci-fiをどうにか東京オリンピックに絡ませたいという願望がすぐに湧くわけです。
当然、まず最初にTEAM sci-fiの皆3がアベンズ×オリンピックで想像するのは、、稲見3の棒高跳びでの出場でしょう。
そりゃあ身長2m10cmの体格ですから7年後だって2mはキープできるでしょう、しかし彼は棒の代わりにベースをしならせて跳躍します。その辺の筋力的な問題でどうでしょう、やはり7年後2020年の五輪出場は困難かなと思いました。
そうなると次に想像できるのは長谷川先生の競歩です。スタート地点で携帯を取り上げてゴール地点に即席のラー麺屋を建てて そこに携帯を置いておくからと伝える。当然彼は一目散で誰よりも早くラーツイをしにくるはずなんだ。。しかし7年後にはtwitterが終わっているか、先生の成人病が始まっているかなので考えにくい・・・。
正攻法で入賞を狙えるのはタロ3の新体操、リボンの代わりにマイクコードを使った演技と思うが、性転換が必要だ。


ならばしょうがないから日本代表のBANDとしてavengers in sci-fiが大会公式曲を製作するしかない、そして開会式か閉会式で演奏するしかないじゃないか。
想像する大舞台で世界に向けて演奏できる日本のアーティスト、、オリンピックという器をして考えた時に、今日本で7万人を動員する大御所アーティスト達も、今フェス界を席巻するアーティストも、どうも世界に出すには‘恥’という気持ちが湧いて気が引ける。。。かと言って世界の坂本様とか無難に久石様とかを任命されるのはつまらなくてしょうもない。。。
チャンスは多分だ、 avengers in sci-fi 今から世界に出て行って 2020年 東京五輪での演奏と、FUJIROCK 20でのグリーンステージヘッドライナーを期待している。




posted by ヌメンチョ3 at 22:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

ハセ沢直樹

やられたら、リプライする ‘ハセ返しだ!!’ 


半沢直樹とあまちゃん   
面白くて面白くて見逃せないのである。

面白いもんは面白い、良いもんは良い。詰めが辛い、徹底している。


巷よく言う「CDが売れない時代」、なんて言い訳だ。09年安田記念のウォッカのように、99年夏の甲子園の横浜高校のように、不思議な確かな力で導かれるように勝つものは最後に絶対勝つ。


詰めの甘さ、これだと思うんだなぁ。アベンズ次作のプロモーションでは‘10倍ハセ返し’を期待しているんだ。










rage.jpg





posted by ヌメンチョ3 at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。