2013年05月30日

#アベンズ裏ベスト

Selected Ancient Works 2006-2013発売記念
ヌメンチョ3が選ぶアベンズ裏ベスト発表の巻

今回のベスト盤はライブでやった回数が多い曲で選曲されたってわけですが、、現代音楽界の腐った30〜40分のショーでは、選曲されることはなく、、陰に埋もてしまった名曲たちを私は『裏ベスト』として選曲してみました♪名曲ばかりのアベンズ楽曲からの選曲は楽しいもんですねえ

というわけで ヌメンチョ3Selected Ancient Darkside Works 2004-2013 チェケラー!
01. Sci-Fi Age Riot
02. Hyper Space Music
03 .Skywalker
04. Ibiza Sunset
05 .speed of love
06. Intergalactic Love Song
07 .Pearl Pool
08. Ursa Minor
09. Science Action
10 .avenger strikes back
11. KARMA RIFF
12. sci-fi music all night
13. Lady Organa
14. Where Stars Sleep
15. Caravan
16. Future Never Knows

こんな感じでーーす。
ぜひぜひ皆3も勝手にavengers in sci-fi裏ベスト選曲してみて下さい。教えて下さい!!
まだまだ知らない曲があるぞ!と思ったあなたはぜひ全作品購入して下さいよ〜



posted by ヌメンチョ3 at 23:49| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

マイベスト

私はとにかくavengers in sci-fiの曲が大好きだ。バカみたいだが、ここ10年車で聴くBGMはほとんどavegers in sci-fiの楽曲であり、飽きない。2011.2.19以来、曲を聴くに当たり尚更とっくに知り合いだなんてひいき目な意識は無い。ただ単にavengers in sci-fiというアーティストの楽曲を愛して止まない。それは彼らの音楽にはやはり品の良さがあるのよね、そう、字が示す通り彼らの作品は‘品が良い’のだよ。
ロックと言う括り冠言葉だけに甘えた、キレの無い下品な音楽では無いし、逆にただ騒げば良いだけの下品さも無い。。だから今作品に間違っても『騒ぎたいキッズたちへ捧げるマストアイテム』だなんていう安易な商品説明はしないで頂きたいね・・・。

Selected Ancient Works 2006-2013をちらりと聴かせて頂いた。前半少しニヤニヤしてしまうが、実にうまくまとまっている、ライブでよくやる曲ベストと言われているがavengers in si-fiの素晴らしが集約された最高のアルバムと言って間違いない。こんなに多彩に満ちた素晴らしい曲を量産できるセンスを持ったアーティストなんだと確信できる。

これで気づかなかったらここまでして気づかなかったら、それは・・・だ。

ぜひ曲目順なんて見ずに忘れて、1曲目から順番に聴いた方が良いと思うし、新曲だけ聴こうなんて欲求は消した方が良い。曲順通り聴いて行きラストの新曲を噛みしめて聴き終わった後、最高にサイコーな感動の瞬間を味わえるでしょう!2013MIXという言葉が付いている楽曲があるが、それ以外の昔の曲も何か少々MIXされてるんじゃないかという錯覚も覚える。


そして6月にある HighApps Toursと東名阪SCIENCE ACTIONは必見だ。極私的な予感では絶対的に必見なんだぜ。


posted by ヌメンチョ3 at 20:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

春なのに飽き

なんちゃらフェスが発表される、出演者を見る。何もかものここ数年も同じアーティストの写真が活字が載っていて、はっきりいって最近ゾッとする。

ランナーがいるのにクイックモーションで投げる、時たまとんでなく遅球のスローカーブを投げる、1シームという独自の変化球をあみ出し投げる、、だってその方がバッター打てないんですよ何でみんなやらないんですか?と言う そんなダルビッシュのピッチングを見るたび、その観点と発想が、あるバンドのデカイ人に似ていると思うもんだ。

30分ちょっとのライブでだまし続けられるわけない。この先数年で一気に波は引くと極私的に思っている。ライブとアルバムを軽視してシングルCDに拘り過ぎた時代が終わったように

次の準備をしておく必要がある。avengers in sci-fi どんな時代でも対応できる独自の視点と力を持っている。それは単に音楽作品とかライブとかだけではない。。早くその長所を色んな形でもっと活かしてほしいと思う。


そんなことはどうでもいいのですがね、子供が生まれましてね〜。もう本当にとってもかわゆいですよね。だから次回からは打倒辻ちゃん、ほしのあきで今流行りの子育てステマブログをやってきたいと思うんですわ〜・・・。
posted by ヌメンチョ3 at 22:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

アベンズ vs avengers in sci-fi

そもそもベストアルバムってのは、sales的に数年連続でvery goodを叩きだしたアーティストが手応えビンビンでビジネスとして売り出すもんだから『BEST』という冠を頂けるわけで、

だから最初から極私的には、ベストという扱いは今回のavengers in sci-fiのアルバムには相応しくないと思っている、、だから言うなればintroductionアルバムってのが相応しいと、だから彼らもリリースすることを納得したんじゃないかなと考える。

巷はびこるフェスでアベンズがライブするとなれば、けっこーな集客が集まる、、しかしその中でavengers in sci-fiを知っているのはほんの少数であろうよ。気になるavengers in sc-fiさんなんだけどもう何作品かリリースしているから、いざ今から掘り下げて聴くという行為はとっつきにくい。。一番新しいアルバム聴こうかなぁ、とりあえずレンタルしよっと!
という感じなんだと思うんだなぁ。
自分だけのスペシャルを見つけるような音楽感・嵌まり方からのブレイクってのは今時では無いんであろう。

であれば、いつ出すの!?今でしょ!!(死語)←(死語) ということでintroductionアルバムが出されることになったんではないかというのは完全に私の妄想でございます。
タイミング的に、作品毎の流れを組みDISC 4は最終完成品という気がしていたので彼らの第一章完結という金字塔的なアルバムになるとも思うし、これで次回作への驚異的な変貌を期待できるし、素敵yang。

posted by ヌメンチョ3 at 21:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。