2012年12月31日

受け継がれる美意識

2012年のaveners in sc-fiは美しかった。

4月に発売された最高傑作Disc 4 The Seasonsもライブも、とにかく美しさに溢れていたと思う。それは作品のメロディやライブの演出により感じたこともあるだろうが、何よりボーカル・コーラスワークのレベルアップによって‘美’を感じたことがなによりである。Disc 4 The Seasonsから感じる美しさは実はそこにあるんじゃないかと昨日稲見3と呑んでる時に思ったわけでした。

今年披露されたいくつかのLIVEを見て思うのは、極私的にdynamoとDisc 4 The Seasonという2作品の楽曲をもっともっとLIVEで見ていたいということです。万一もしも来年新作が出て、LIVEから楽曲が消えて行ってしまうにはあまりにも勿体なさすぎる曲たちがそこにある。もっと味わいたい♪なんならば来年はdynamoツアー、Disc 4 The Seasonsツアーをもう一回やって、もう一度評価を得る必要があるくらい今の評価だけで終わってしまうのは勿体なさすぎる程、あの2作品には価値があるのではないかなと思うわけです。。どうにかならんかなぁ。

来年はavengers in sci-fiでこそ栄える会場でのliveというのを見てみたいと思います。一番見たいのはフジロックフェスティボーでのライブですが、もう一度新木場コーストでの長セットを見てみたいし、日比谷野音でのライブも見てみたい!!適材が適所でやるライブの素晴らしさったら無いですからね。avengers in sci-fiは会場によって栄えることのできる選ばれしアーティストだと思うのでその辺の魅力も出して欲しい!

今年を振り返りまして、twitterでのDisc 4 The Seasons同時視聴会ってのは特許申請した方が良いくらい本当に素晴らしい企画だなぁと思いました!愛されてますね〜。 今年後半は太郎3のDJの機会が増えると同時に先生のラーtweetが増え、イナミンの飲んだくれtweetが増えたのも印象的でした。稲見vs先生のやり取りもおもろかったですね!そしてカウントダウンジャパンフェスで登場した稲見3の謎の三浦大輔タオルが今後どのような展開を見せるのかも要チェックだ!!

では皆3良いお年を〜。


posted by ヌメンチョ3 at 11:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

ヤンキー先生母校に帰る

ロッキンフェス以来にavengers in sci-fiのライブを観ました。

2012.11.29 at 渋谷CLUB QUATTRO 踊るロック×HighApps
Psycho Monday→Delight Slight Lightspeed→Before The Stardust Fades→The Planet Hope→Homosapiens Experience→Sonic Fireworks→Yang 2 ENC 長谷川先生の夜の授業→Stairway To The Sun.I→Stairway To The Sun.II→Radio Earth

DISC 4 THE SEASONSの曲がすっごく良くてグッときた。とにかく目を瞑って手をグーっと握るようにグッと来たのだった。
出音が音圧良くバランスが良かったし演奏にメリハリがあって、なにより遊び方も含めて丁寧だった。曲が引きだっているように思った。この日は、ユーストリームの生中継があってか、本人方に聞いたわけでは無いが聞いて確認して帰りたかったが、おそらくいつもとは違う緊張感とインターネット側に向けた意識があったのではないかと思う。。いつもとは違う‘良さ’があった。

アンコールも見応えたっぷりでしたね。もう23時も近いというのに多くのお客3が残って幸せもんですね。Stairway To The Sun.Iでは音楽IQの高さを見せつけ、Stairway To The Sun.IIはもうめっちゃくちゃでしたね、そしてラストのRadio Earthでは久々のキャプテン稲見の登場で敬礼ポーズ2発でビシーーっと決めてくれました!!

今回のライブは‘踊るロック’とのコラボということで渋谷タワレコ‘リニューアル記念’ということもあったかと思いますが、それにキッチリ自らの髪型をリニューアルすることで祝福を送ったavengers in sci-fiのギター担当とベース担当。
髪型リニューアルのお二人、、ギター担当は‘ゆるキャラ’感出まくりで、さながら坊っちゃんと呼びたいその姿から‘アベン坊’としてゆるキャラグランプリに出場して頂きたい。ベース担当はあのパーマメントスタイルにしてから私には近藤真彦にしか見えず、、ミッドナイト喜彦ということで天使のような悪魔の笑顔にはご用心だ。
こうなるとドラム担当は、パンチパーマ or アフロ or スキンヘッドくらいしか残ってないわけですから、どれを選ぶのか今からワクワクしています。まぁどれを取ってもヤンキー先生としか呼びようないわけですが…

ライブ前にリニューアルした渋谷タワレコに寄りましてね、カフェも良いと思いますし8Fの展示スペースも良いですねアベンズ特集もやって欲しいです。視聴機もたくさん配置されていて各フロアそれぞれの雰囲気を演出していて思わず長居してしまいそう。。

ただですね、いい加減一つ気に入らないのはタワレコさんに限った話ではないですが、、ポップの書き方なんですが‘第2のJAMES BLEKE’とか‘RADIO HEADが認めた’とか‘〇〇、〇〇好きは必聴’とか、こういうポップに記載された宣伝コメントを見てしまうと一気に妙に嫌な先入観が入って聴く気が出なくなってしまうんですよね。びっくりするくらい洋楽フロアの多くのポップがそういう書き方をしていたんでイラっとしたわけでした。ポップの書き方入門みたいなマニュアルがあって、そこでそういう奨励しているのであればそういう書き方の時代は終わったと良い加減ヤメて、リニューアルすべきじゃないかと極私的には思います。

posted by ヌメンチョ3 at 13:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。