2009年10月23日

12.2 の戦い

avengers in sci-fi 新作 jupiter jupiterの発売日は12月2日 
ですから 12.2発売予定のぉ ライバルCD達をぉーーーー   チェケラーッ!!

EXILE “愛すべき未来へ”
GACKT “REBORN”
アジアンカンフージェネレーション “新世紀のラブソング”
福原美穂 “なんで泣きたくなっちゃたんだろう”
DIR EN GREY “激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇”


ということで こ これは なんでしょう このガッチガチの底知れぬ熱気に満ちた強烈な“タイトル群”を見るだけでも、この12月2日という日が音楽界にとってただならぬavengers in sci-fiに対して仕向けられた戦いになるであろうということは間違いないです。。。    まぁ ね  関係ないね。

そういえばコアなTEAM SCI-FIの皆3ならばご存じだと思いますが、前作 SCIENCE ROCKもアジカン先生のアルバム サーフブンガクカマクラと同発売日であったということでまたしても同じタイミングで作品を出してくるという 日本とバーレーンのような関係  もうこうなったら またTEAM SCI-FIの皆3 またしてもやりましょうよ  12月2日〜 アジカン先生のCD展開ブース付近で 大きな声でこんなさりげない宣伝作戦いかがでしょうか。。。

“TEAM SCI-FI 女子2人組で入店の巻”
ベン子「ねえねえ、アジカンの新作も本当に最高だけどもさ、見てよこれavengers in sci-fiの新作jupiter jupiter もヤバヤバっすよね!!」
サイ子「まじヤバだね、あっちで視聴できんだけどさ、、、1っ曲目が始まった瞬間…ぶっ飛んだね ありゃ人類の真似できるレベルじゃないさ。」
ベン子「ですよね、、あっし こないだライブを見たんですけども 目まぐるしく様々な音に囲まれて もはや足が砕けるほど踊らされたちゃいましたね ロックの宇宙船と言われてるけれども もはや攻撃的なそのスタイルはロックの宇宙海賊船 それ以上の存在っすわ」
サイ子「人気も半端じゃないみたいよ! 今や音楽界の三つ星レストランって言われてて様々ジャンルの音を取り入れては自己流にアレンジして提供してくるらしいよ あ〜底がしれないわ〜」
ベン子「avengers in sci-fi jupiter jupiter これ買わなきゃ 損でやんすわ!!」

・・・・・・・・それを聞いていたアジ子・カンフ男は、1年ぶり こう思う “avengers in sci-fiやっぱ要チェックやわ”

これはEXILE  GACKTブースなどでもやってって盛り上げましょう、、 この作戦はメンバーには内緒ですよ!!まだちょい先ですが。。。

 

さて、やっぱり野球はおもしろい    明日は東京ドームに巨人の優勝を観に行ってまいります。




posted by ヌメンチョ3 at 22:02| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

寺門レイザージローラモン と 工藤兄弟

ジローラモ 「 HGキンニクスゴイネェ キンニクノカテナチオダヨ 」
HG 「 筋肉のぉ 頑丈な守備力 フォー!!!」
寺「 ラモンちゃんさぁ俺だって筋肉なら負けてないよ 自然で鍛えたこの筋肉見てよ ナイスネイチャーだろ 肉だって本当に良い肉しか食ってないんだから そこまでこだわんなきゃほんもんじゃないね!」

兄弟 「 TEAM SCI-FIのみんな 筋肉付けて 掲示板に書き込みしようぜ!」

CMでした。筋肉編  LIVE強化月間どしどし掲示板に書き込みを♪


木星ユピテル  寺門ジモン

posted by ヌメンチョ3 at 23:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

ミシュランロコミ

専門家の評価にしろ、口コミ、売上、 今やいろんな物事 様々な方向から評価されては、そんな情報がタイムリーに媒体を通じてさらされてしまうのは周知のお話、、はなきんデータランド見て、その後ミュージックステーションのCDランキング見てれば世論は充分掴めたなんてのは古いんだぜ、、、、

現代は日々更新されるそんな様々な評価を見ては植えつけられる先入観は非常に強烈なもんで。。 しかしだそしてそんな各々の評価は それぞれが良し悪し一致しない相対性がない場合がほとんどで、、大川慶次郎と井崎脩五郎と鈴木淑子の◎がなかなか一致しなかったように  一致しそうなもんだが一致しないのが今の世の中   一時の思いつきの偏った無茶苦茶なようだが長期的に見た時に ある意味では勢いだけでは続かない、飽きが回るのは早い そんな中を勝ち続けなければ残れないという時代だと極私的には感じております。。。

私から見れば 私が正しいが あなたから見てそうだとは限らない
そう考えれば割り切れるが、供給側からすればビジネスである限りはそれで済ますわけにはいかない  かといって意識すれば得れるわけではないし、意識しなければ得れるわけでも無いわけなのですが・・・・・・・

avengers in sci-fi においてはこの辺の需要と供給のバランスが素晴らしく良いものだと 全く 自然な = 関係が存在していると 彼らには万人を引きこませる神の見えざる手が存在していると私 思っています。。。

ミシュランの3つ星というのは、“それを味わう為に旅行する価値がある卓越した料理”ということらしいが 音楽界の三つ星avengers in sci-fi の新作 Jupiter Jupiter はそれを聞いただけで壮大な空間を越えて旅できてしまうという三つ星を超えた画期的なアルバムでございます。。

旅といえば先日の3連休を利用してでイナ3、イソ3らと伊豆へぶらり旅行へ、、朝っぱらからいろいろと楽しかったです。。。新曲“朝のバーベキュータイム”期待してます。またぜひ。。。

今日の一曲 WONER WHEEL / サイプレス上野とロベルト吉野

posted by ヌメンチョ3 at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

渋谷の中心で、この辱めどうしてくれると 高そうなサングラスをして叫ぶ 

10/2(fri.) Shibuya O-nest
asteroid girl→Homosapiens Experience →Beats For Jealous Pluto
→Ibiza Sunset   Universe Universe →NAYUTANIZED

スペース満載といった感じで快適に見ることができました。最近は満員の中でやる機会が多いようで この会場の埋まり具合に昔を懐かしく思ったり。。新曲Universe Universe 初めて見させていただきました 後半に壮大な部分があるのですが格好良くて格好良くて鳥肌が立ちました、ライブで映えますね。。最後のタロ3のフロア対決も圧巻でした。

後のDJ BAKU HYBRID DHARMA BAND SET   HYBRID過ぎるそのサウンドと音圧に完全にやられました、ぶっ飛びます。貴重なBAND SETを観れて感動感銘を受けました、、あの重厚なサウンドはぜひFUJIで観たいですね     語弊があるかも知れませんが、avengers 終わりで客がほとんど入れ替わってしまったことは残念に思います。。。

ネストということでライブハウスに行くまでの妖しい雰囲気を颯爽と歩くのが好きです、たしかTVで観たこの辺で職務質問を受けてたよなと思ったりと、、、
初めてオンエアーイーストに行った時は未だ高校生で、まともに場所も調べずに行ったためあの界隈を男二人で迷いに迷ったのを思い出します。。必死に歩き回りようやく着いたライブハウスにはメンバー急病のため公演延期の張り紙が、、、 張り紙を持って帰りしばらく部屋の入口のドアに貼ってました。  ハイスタンダードのライブでした。。 おかげで受験直前になってしまった裏ツアーファイナル振替公演を観に行き、関係なく沸騰してしまったのを思い出しました。そしてその模様はビデオ星人 成人(星人)の日スペシャルで放送されて    というエピソード思い出します。


posted by ヌメンチョ3 at 16:24| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。