2017年08月18日

ライブレポート

日々甲子園に熱狂している間に、、
あぁいつかにどこかでわたくし書いたライブレポートが、素晴らしい編集を経て公開されていました。

皆3の 電車で暇な時、待合時、仕事サボりたいとき ほんの数分の閲読になるが少しでも楽しんで頂ければと思い
少々大げさに書いたレポートになっております。

たしか酔っぱらいの野球コラムのような文書を送ったのですが、見事な編集にありがたさを感じます。

書ける書けないありますから、、、私から唯一補足しておきますと、あの日の不時着に関してイマイチだったと思っています。それは今のアベンズがやっても圧倒的に「スリル」感が出ないということ、見事な「無事着」を見た感がありましたので  やるならもっとぶっ飛んだアレンジで見たかったかなあと思っています。

なんて言えちゃう楽しみ、 だからこそ  来たる "SCIENCE Re:ACTION"を心底楽しみにしています!!!







posted by ヌメンチョ3 at 22:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

ステイチューン

我らが巨人はぶっ飛ばしの11連敗だってんだ!!ちっくんしょーー
いやはや、世の中何が起こるかわからない。

世界が年を重ねるごとにシステマチックにきれいに進化すればするほど「何もかも常識の範囲内で動くことが当たり前」になってくる。ここに住まわしてもらっている立場で天変地異だろうが防げるもんだと思ってくる。

しかしだ、そもそも我々は誰も歩んだことのない、不確実な未来を常に生きているわけだ。この1秒後何が起こるかわからない、この一歩先は地獄かもしれない、それが世界の本質だ。

こんな新曲をavengers in sci-fiに期待している。タイトルは「巨人11連敗」だ。
なぜなら明日勝つからだ。11連敗の絶望の中でも、明日は勝つもんだと信じきっている。それが活力ってもんだから。それで良いのよ


ペンネーム ヌメーン・オブ・ザ・ヌメーン・エイジ3 からお便り届きました紹介します。
「私はavengers in sci-fiの大ファンれす。私はavengers in sci-fiがオリコン1位を取って、フジロックのグリーンステージに立って、LDHに負けないブラック企業な個人事務所を設立することを期待しています!!」

良いですね、それではリクエストを聴いてください
avengers in sci-fiで「No Future」









posted by ヌメンチョ3 at 22:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

セローーン ヨローーーン  シルベスタスタローン

このコラムを読んでいるようなREBEL MUSIC好きな皆3の嫌いな言葉、
「人気」ってのは過去の流れのなれの果てではなく、実は鋭い大衆の総意であるんだな。

先日の日本ダービー、俺はびつくりした1番人気はわかるが、2番人気と3番人気馬に関しては直近の成績からすれば意外なもんで、 皆3の判断 さすがですよ 恐れ入りますわ
結果的に上位人気3頭で決まる決着なわけで。最近、よく思う 自分の感覚と人気のずれ そして実戦では大概は人気が勝つ

巨人離れするファン、躍進する広島・楽天・横浜、 流れが判断する意見は鋭いんだ。  

「人気は裏切らない」 そうそう、そうだ わかってるよ。 トムクルーズにシュワルツネッガー、 シルベスタスタローンは最強なんだ。
そこ ここ あそこ 輝く鋭い目は物事を判断していることを忘れてはならない。







posted by ヌメンチョ3 at 22:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

桜井、坂崎、稲見沢

土曜だし、近所のそば屋で夜飯を食う。
先客無しの、子供連れにはありがたい雰囲気でささやかに流れるBGMはサザン楽曲のオルゴール音、美味いつまみに美味い酒を頂き。
「C長言葉にご用心」、「夏をあきらめて」思わず帰り道に口笛を吹いてしまう。胸に突くメロディ、オルゴール音で聞いてなおさら染みる、、桑田佳祐は天才だ。。

そうそう、スーパーマーケットとかでもよく流れているインストゥルメンタルのあの歌この歌、胸弾むaikoのボーイフレンドに、心染みるspeedのホワイトラヴ、 妙に耳に残るあの音色は楽曲の完成度の高さを証明すると言っても過言でない。


アベンジャーが野菜スティックライブを、、じゃないアコースティックライブをやるそうだ。アベンズと言えば やれそれエフェクターの数の多さに、サイエンスロックコズミックサウンドに話題が行きがちであるが、

彼らの芯のすごさは楽曲の完成度の高さ、すなわちメロディーの良さが支えていることはTEAM SCI-FIの皆3ならば、もう言うまでもないだろう。そんな楽曲の良さをシンプルに味わうことができそうな野菜スティックライブ、ジャニーズ顔負けの昼夜公演だよ。。なかなか面白いことするなぁと感心しました。これからのavengers の動きは要チェックだな。

アコースティック体制も確立できれば、フジロックで木道亭にもアヴァロンでも出れるし最高じゃないか。今年は3日間行けそうだぜフジロック、あーうれしい。。the チョメチョメとasgeirと 今年こそアヴァランチーズを見れれば元は取れるだろう、今年は最高だ。。フジロック2年連続avengers in sci-fi出場の夢 俺は諦めていないぜ。











posted by ヌメンチョ3 at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

歳月人を待たず

うちの娘もあっちゅう間に4歳になりました。。

地球に重力があるのと同じように、実は、時が経つのは早いのが当たり前で ただ業者と話すときの枕詞のように時が経つのは早いですねという言葉があるだけで  「年を取ると年々時が経つのが早くなって」と言いたいだけで  1年の早さなんてこれが普通なんだろうなっと最近思います。


しかしだ、こと、15周年だとかないとかのavengers in sci-fi 正直、売れてないからか 15周年の時の流れが15年的な時間軸にピタッとしっくりくる。決して早くもないし遅くもない、売れてないからか、けもの道を超え砂漠をひた走っているからか 15年の流れがピタっっとハマるなんだな。 きゃーーきゃーーーー言われない幸運 これはこれであると思うのよ。

極私的にtoe とかイースタンユースとかTHA BLUE HERBとか  ふっと思い出しては公演情報を定期的にチェックして隙あらば行きたいと思うアーティストがいる。。しかしけっこーな確率で売り切れていたりする。。。日本中の3万人くらいでいいから定期的にチェックしたくなるような  avengers in sc-fiもそういう何年経っても錆びない存在になってもらいたいなあと心から思う。  下北沢ERAが売り切れる  買いそびれて行きたい人はけっこーいるような気配がある  積み重ねて貰いたい。






posted by ヌメンチョ3 at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

春DAサイファイ

この時期の斎藤佑樹はよく炎えるなぁ。「フォーム改造で今季は一味違う」、「高校時代の勢いを取り戻す」、「キャンプ順調」で、、、実戦登板大量失点で火だるま炎上。 毎年毎年独壇場のプロ野球R-1グランプリ状態。 みんなわかってる、わかってるのよ、でもいつか いつかって期待しちゃうんだよなぁ。

そんな例年変わらぬHALの日々にうれしいニュース、avengers in sci-fiツアーやってくれるんだって!!最高だぜ。。 楽しみな avengers in sci-fi  『14 Years Later Tour』
めでたい14周年ということだが、ある意味プロ野球で言えば「プロ入り14年目」 巨人で言えば内海哲也クラスなんだぜ。。もう後がないベテランの域だって・・・・・

14年目の背水の陣??馬鹿言うな、まだまだ剛速球現役バリバリ、旬を真っ盛りのavengers in sci-fi がかます最高のライブで 14 Years Later Tourに集うセンスの良いファンを炎上させて欲しい、ロックトランスフォームド状態に導いて欲しいぜ!!


そういや稲見のtwitterに犬が出てきてたな、通称レコーディング犬とか言うとかないとか   これはきっと14 Years Later Tourに来た人は何か聞けるかな、きっと良いことあるよなぁ。。。


ハンカチ炎上で季節を感じ、花粉も飛び始めて徐々に暖かく、日本の四季は良いね。。かみさん以外に初めて言うが、うちの娘の名前の漢字  DISC 4 THE SEASONSのジャケットに影響を受けたんだよなぁ。。





posted by ヌメンチョ3 at 22:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

avengers in sci-fiがavengers in sci-fiたる由縁

ずいぶん寂しいじゃないか、、avengers in sci-fiのライブ今んとこでは1月も1本、2月も1本じゃないかよ。
俺は今だからこそ月に5本くらいライブやって欲しいぜ。寂しいじゃないかよ。

普段avengers in sci-fiのことなんかさ、これーーーぽっちも考えてないんだけどさ、、ほら彼らの活動状況とか売り上げ枚数なんかぜんぜん気にしてないしさ  だけんど、昨日 小室のてっつぁんがTVに出てからね、一体avengers in sci-fiって一言で言えばなんなんだろうと考えてたわけ。。。。。

思いついたのは
avengers in sci-fiってのは、実は最高にリスナー思いのバンドなんだよな   平成時代ではぶっちぎりで

彼ら、一見 あまのじゃく ですよ   もう10以上前から 熱いライブが流行っていれば無口な無機質なライブをやるし、踊るロックをやって時代が追いついてくりゃ突き放す。
その反発力と独自性はリスナーみんなの価値観や人生観を、多分音楽で本気で広げたい底上げたいって思っているから、多分本気で 音楽 で 価値観や人生観まで変わると確信していると思うのよ、、、
そんな中で、どの方向に行こうとなんだかんだで常に聴きやすく楽曲を仕上げるところ ありがたみ  必然的にリスナーの気持ちが良くないと 自分達も気持ち良くなれないというこの相互関係は、90年代爆売れ音楽時代を味わっているからじゃないかなぁと思うわけです。。

ありがとうTK   ありがとうCHAGE&

avengers in sci-fiの逆襲が始まるぜ!!













posted by ヌメンチョ3 at 20:33| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

得失

今年はavengers in sci-fi カウントダウンジャパンに出ないようだ。もう、いいだろ もう、いいから  アベンズ主催の年末恒例で何かイベントやってくれないかなーー。
カウントダウンジャペン、アベンズは08年が初出場で10年〜15年は6年連続出場ということで計7回の出場記録でした。年末幕張で見るのが、たしかに毎年恒例だったかもしれません。 調べてみるとおもしろいのは実は大晦日31日の出場は0回で、大晦日まで仕事したくないという意思表示でしょうか笑、大晦日に出掛けるのが大嫌いな私にも好都合でした  
出場ステージも偏っていてASTRO ARENA 4回、MOON STAGE 3回でした。個人的にASTRO ARENAで見るアベンジャーズは非常に好きだったなぁ。。

新宿まで行く電車の中でYOU TUBEでavengers in sci-fiの動画検索をしていてね、、誰が練習するのか?duneのカラオケが上がっていたり懐かしい動画が色々ある中で、11年のカウントダウンジャパンのyang2動画がありまして、おそらくアベンズ史上最大人数を躍らせた瞬間の映像でしょう。なにせ稲見3が天下無双のMNROYALE時代ですから。
そんな映像を見ながら新宿LOFTまでの道すがら、この数年でアベンズは何を得て、何を失ったのか 今日の公演で確認しようと思ったわけでした。


avengers in sci-fi "Dune Wars Tour" 11.3   40周年の新宿LOFT 

ツアー中ですので詳細は書きませんが。。場内が暗転しても全く歓声が沸かないフロアからスタートして、演る側も見る側一切妥協無しの上質な空間が凄く心地良かったです。アレンジが良く高揚する瞬間が何度もあった、阿吽の呼吸で盛り上がる空間素晴らしいです。。毎年毎年得ている物は多々でパワーアップを続けるアベンズ、外的要因で勝手に取り巻く環境が変わっているだけで、この数年で何を失ったわけでも無く、、常に変わらず最先端で やっぱ世界はアベンズのものだなと痛感致しました。
タカハシマイ3の素晴らしい2曲 良かったんですが、個人的にはBANZAIではなくアベンズの曲を歌って欲しかったなあと思いました。女性ボーカル×アベンズは相性良いよなぁ。 avengers in sci-fi作曲、バックバンド的な仕事が増えれば良いのになと心底思いました。






posted by ヌメンチョ3 at 22:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

MAKIMG THE 道路

東京五輪に向けて、築地に道路作ろうぜ! つって 移転先の豊洲市場で揉めている。熱が冷めたら早く適当に良い加減でまとめて欲しい。適当も良い加減も 悪い意味では無い、よくできた言葉だ。

そもそも 「崖から飛び降りる覚悟」 から始まった小池都知事の完璧なシナリオは実はいつから始まっているんだろうか、誰がこのシナリオを書いたんだろうか、そんでこのシナリオは一体どこまで繋がっているんだろうか、東京五輪後の総理まで繋がってたりして。
今のところ絵に描いた思い通りに進んでいる?状態だとしたら 小池さんどんな気持ちなんだろうか。。非常に興味がある。


本日、ハイスタンダードが急に新作CDを店舗限定でシークレット発売した。驚いた。こういうのって、いくらどうやっても少なくとも前日には拡散されてしまうもんだろ、しかもあの規模の人達だし、、しかし私は一切情報を目にすることはなかった。秩序やルール無しに何かあれば即投稿、芸能人の私生活ですらシークレットになっていない時代に凄いもんだ。
この世の中で、一切誰もばらさないことでしか完璧に成り立たないというこのシナリオは一体誰が考えたんだろう、それに乗っかったハイスタンダードの皆3とCDショップの意地  発売後の反響をみて どんな気持ちなんだろうか。。非常に興味がある。

板野友美すっぴん公開で「すっぴんに見えない!!」の大反響  浜崎あゆみ、お風呂上がりの写真投稿で「この体、20代にしか見えない!!」の大反響  目の前の安易な反響を望んでお前らその写真一体どんな気持ちで取ってんだよ!?というスマホでニュース開けば下品なそんなクソみたいな活字で溢れるこの時代に、、、、
よく練られたシナリオとそれに呼応する反響は素晴らしいなと思います。

栗山監督はメジャー挑戦決定と決められていた大谷翔平をドラフトで1位指名して、、12球団で唯一日本球団に入るシナリオを描いていたんだろう。  あんだけ二当流なんて無理だと有識者に言われていた中で  4年目に投打であれだけの成績を残すシナリオを思い描いていたんだろう。。あの毎年熱闘甲子園をやっていた栗さんが今どんな気持ちなんだろうか。。非常に興味がある。。



そういやハイスタは昔get up kidsのオープニングアクトでシークレットで出演したことがあった。。ついつい昔は情報が無いから現場に行ってみないとわからない!というワクワクがよくあったもんだ。我々は、容易に情報を得てしまうことで楽しみを得ることになったのだろうか、楽しみを失うことになったんだろうか。。。あの頃の未来に僕らは立っているのかなぁ。。





posted by ヌメンチョ3 at 21:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

avengers in sci-fi 新たにツアーに出てくれるそうだありがたい〜!!

くそだくそだと気取って時代のせいに、聴き手のせいにするのは末期の最低の愚業だ。
気高く信念もって鳴らすREBEL MUSICのREBELの部分にそろそろみんな気付いて追いかける時が来ているのかなぁ。追いついてきたらまたどっか行くんだろうなアベンズは。。。


録画したRadio Headのサマソニの映像を見ていた。Burn the Witch最高だ、そうかそうかロミジュリ感動No Surprises、圧巻のIdiotequeで顎ががくがく、そして最後の放送曲はCreepで、、なんだよーCreepかよぉLet Down聴かせてくれよぉ一生聴けねえぞとwowowは随分な視聴者主義だなあなんて思うんですが、Creep最高 思いのほか最高 やはり最高だよねCreep まじで神曲ってやつ!!!サマソニは置いておいてこの公演を見れなかった後悔はしばらく何十年は深いだろう。

そんなCreepの余韻に浸り、やはり名曲は良いなぁと衝動的にDVDでミッシェルガンエレファントのいわゆるひとつのThank You Rockers. I Love You Baby公演の 世界の終わり を観る。目を瞑って聴きむさぼる、アベフトシが弦を切った瞬間の 音の 途切れる 空白の ひと時にに涙滲み血がみなぎる。。やっぱ最高だぜ。いいか覚えとけ、お前らのセカイノオワリと俺らの知っている世界の終わりじゃーなー ・・・・・ なんだよ 覚えとけ この野郎。

Creepにしろ世界の終わりにしろ、バンド初期の もしかしたら本人からしたら恥ずかし曲なのかもしれないが、ファンサービスの一環に過ぎないのかもしれないが特別なもんは特別なもんでソーファキンスペイシャルなわけである。

アベンズにとってのCreep的な世界の終わり的なのは、やっぱユニバースユニバース? 寝ぼけるな、じゃあホモサピエンエクスペリエ・・馬鹿言うな    KARMA RIFFだよKARMA  RIFF 

俺は今、無性にavengers in sci-fiにKARMA RIFFをやって欲しいと思っている。今しか無いと思っている。KARMA RIFFをCreepに世界の終わりにして欲しいなんてそんなダサいことは言わないが、、

今だ今、この今 俺は今、無性にavengers in sci-fiにKARMA RIFFをやって欲しいと思っている。
んじゃ、期待してますね!!!!





posted by ヌメンチョ3 at 21:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする